カートボックスの獲得率について


(JOYJOY store) #1

他でも色々と議論をされているようですが・・・。

弊社では、自社発送、FBA発送ともに行っており、
これまでは、FBA出品者のいる商品でも一定割合、FBA出品者よりも価格をさげれば、
自社発送でもカートボックスが獲得できていたのですが、昨日昼頃あたりから、パッタリととれなくなってしまいました。

弊社だけに出ている現象であれば、カートボックスの獲得順番の影響かな?とも考えるのですが、
同一商品に出品している他の自社発送出品者(これまではカートをとれていた)も全くとれていないように見えます。

(獲得率のロジック詳細に関することは聞けないことは理解した上で)Amazonのサポートにも確認をとりましたが、
サポートの方に降りてきている情報では、カートボックス獲得に関するロジックが変わったという話はないそうでした。
(サポートの方も知らないレベルの変更はちょこちょことあるそうですが・・・。)

FBA出品への切り替えを視野に入れるか、もう暫く様子見をするか、悩みどころです。
他の方で、こういった現象を感じた方はおられませんか?


(匿名) #2

本文よませていただきました。

実は私もおっしゃる日時にてカートボックスをとれていたものがすべてとれなくなりました。

そのような出品者の方と対策方法(どのような状況で販売していたかを話し合うことにより)があればお話しさせていただきたいのですが。。。
この掲示板ですとそれもかなわずでつらいですね。。。

実際そのような方は非常に多いと思います。

FBA利用に強い権利が与えられたように思えます。


(ケンケン) #3

私の聞いている範囲の話を公開します。

ある大手転売塾の生徒が一気にアマゾンの大口販売の契約をし

急激なセラーの増加が見えます(事実これは自分の目で確認済み)ので

FBAのできない転売の売れてから商品を調達するゴミレベルのセラーの

排除ではないかと思います。

資本が多いセラーが生き残り、ゴミレベルセラーは排除されるのではないでしょうか。


(JOYJOY store) #4

ご返信をありがとうございます。
優位性の点については納得できる、又はせざるを得ないところですが、
いずれにしても、こういった突然の仕組み変更を目の当たりにすると、
Amazonでの販売を主として生計を立てていくことのリスクを感じますね。

結局、様子見は不要と判断し、一定数、FBA納品へと切り替えを行うことにしました。


(カル) #5

昨日から何らかの変更があったと思われます。

アマゾンのテクニカルはアマゾンに関して無知ですので、聞いても無駄です。
アマゾン>FBA>出品者の発送の優位性は依然と同じですが、それが以前より明確になりまた同じFBAでも1つの出品者がカートを独占し続ける。出品者発送も1つの出品者が独占し続けます。

最悪の場合はFBAに納品して他のFBAまたはアマゾンにカートを独占されることです。


(匿名) #6

どちらにせよFBAが有利になったと言うだけのことでしょう。

転売屋排除はサイト運営者にすればごく当然かもですね。

在庫を持ち、FBAに預けることができるまともなセラーを保護する目的であると

思います。


(BodyLike) #7

私も以前似たような質問をここでしました。

私は1月8日あたりから突然カートガ取れなくなっています。

前までは商品Aが1ヶ月で販売できる数が100個だとした場合
商品Aに出品者が5人いて
同じ価格でFBA出品していたとすると
販売数は5等分され1人20個ずつ販売できていました。(ショップの評価などで変動しますがそれは置いといて)

それが今は商品Aの出品者が5人いても
1人の出品者が100個販売できて、残りの4人が1つも販売できない
のような現象が、
すべての商品に対してではないですが
特定のある一部の商品にだけ起こっているようです。
ポイント倍率を上げたり、値下げをすればカートが獲得できるようですが
もちろんメーカーとの契約もあり値下げができず、どうしようもない状況です。
明らかに価格競争させるのが目的っていうのが見え見えです。

当店は健康食品を主に販売しているのですが
年末年始で休暇をとるために大量に在庫をFBAに納品していたため
大量の不良在庫?を抱えることになりました。

付属品などつけてほかのセラーがつきにくいように
新たに別商品として出品しなおしたりして工夫してますが
でもこれでは実質的に値下げしてるので
文句を言ってくるメーカーもいます。
メーカーに何も言われないようであれば試してみてください。

去年の6月からヤフーとアマゾンでECサイトの運営を始めて年商1900万までいき
ある程度資金が作れたのですが
一人でやってる個人事業の私にとって
いきなり100万円相当の不良在庫はそうとうつらいです。

これは本当に死活問題です。
調べているとジャスパーチャン社長にメールが送れるみたいなので連絡してみました。
数日後、別の担当者(松本さん)から
何もシステム障害はないし、システム改修した形跡もないと回答がありました。

イラっときたので
以前カートの獲得率についてここで質問したページのURLを送りつけて
私だけではなくこれだけたくさんの方が同じ現象が起きて苦しんでるんだから誠意を見せてください。
のようなニュアンスのメールを送ったのですが
その回答はもうずっとありません・・・

アマゾンさんはそんな会社です。

アマゾンだけに頼らずヤフーなどに出店してみてはいかがでしょうか?
もし自分でフォトショやイラレが使えるならデザイナーなしで何とかやれますよ
すでに出店してたらごめんなさい。

ヤフーが最近(12月ごろから)かなり積極的にテレビCMやキャンペーンをやりだして、
当店は去年の11月の売り上げと比較すると今月は現時点で3倍以上売り上げが伸びてます。
着地は6倍近くになると思います。

おかげでアマゾンは売り上げが大幅に下がりましたが、ヤフーにはかなり助けられてます。
アマゾンのように価格競争には陥りにくいです。
自社だけの商品ページになるので外部リンクも張れますしね

出店料も販売手数料も無料ですし、
かかるのは決済手数料とお客さんにあげるポイントと広告費だけです。


(温泉コスメ工房ズッケロ) #8

弊社も2月20日~よりカートボックスが一切とれなくなりました。

出品者発送品はもちろん、FBA出品でもです。

これまでは数年間同じ商品を扱うFBA使用事業者(2店舗)さんと順番にカートボックスを取り合い、3つの店舗でカートボックスがグルグル回っているような状態でした。

それが2月20日を起点に1事業者による独占に代わり、今現在(2月23日)も続いています。
弊社の扱い商品はメーカの価格統制が厳しく、どの事業者も同じ値段で販売しなくてはならないため、価格競争することもできません。

売上げは直近1年平均の10%まで落ち込みました。
年末にかなりの在庫を確保してしまったので、FBA上でそれがさばけず、大変困っています。

価格、商品等、同条件の競合他社がすべての商品においてカートボックスを独占している状態の店舗様、いらっしゃいましたら、ご意見をお聞かせ願えればと思います。


(匿名ですみません。) #9

私が知っているいくつかの商品では、
現在、FBAの最低価格のセラー(数万の評価を持っているセラーさんです)よりも15%以上高値に設定しているFBAセラーが、長時間カートを独占しているようです。

カート独占の期間がやたらと長くなったような印象を受けます。

確かにこれでは皆さんのおっしゃる通り、販売・仕入れの計画が極めて立てづらくなるため、アマゾンでの商売がまともに立ち行かなくなる危険性が出てきたなという印象があり、かなり怖いですね・・・。


(セレクトショップ) #10

今年に入ってから獲得率は諦めモードです。
0%だらけで手の施しようがなく末期状態です。
Amazon.co.jpさえマケプレに負けているのでビックリしました。
どう言う基準か全く見当が付きません

例を挙げるなら

Amazon.co.jp
2234円

マケプレ
2580円 + ¥ 500 (関東への配送料)

普通でしたら金額からして余裕で勝っているのに
マケプレにカート奪われていました。


(Premium) #11

同じくです。前々からそのようなことがあるのは知っていましたが、これかと思いました。

100取れていたものが全て0に、同価格では値段を10%近く下げないと取れません。

カートが取れなくなった方はみなさん、期日内発送にバツが付いているのでしょうか?

また同じような状況からカートボックスが復活した方はいらっしゃるのでしょうか?

2016/02/24 3:47に匿名によって編集されました


(アマゾネス) #12

弊社でも同じ状況です。
さらに弊社のが価格が安い商品を高いFBA出品者にカート獲得を奪われただけでなく
広告を出していたのですがそれもFBA出品者のための広告になっていました。

アマゾンに広告を出すときにショッピングカート獲得をしていない商品は
広告の自動表示はないと説明を受けたのですが
弊社が最安値で売っている商品を広告でだしていたものを
それよりも100円以上高いFBA出品者にカートを奪われたのですが
広告は表示されている???ん?おかしいぞ、とクリックしてみたら
高いFBA出品者のカートにリンクがつながりました。

カートを奪われた上に広告費も高いFBA出品者ために献上した状況です。
アマゾンに問い合わせましたが そういう現象は出ているということで
弊社では即刻広告を停止しました。

なお、対処、解決には至ってないようですので広告出している方、確認したほうがいいと思います。
多分そういう現象を確認しながらもアマゾンからは喚起やお詫びが出ていないのではと思いますので。


(セレクトショップ) #13

添付です。
こちらが証拠であのAmazonが出品者に見事に負けています。
色々無作為で検索しましたが1件や2件じゃありませんでした。


(BodyLike) #14

ショップの評価は4.7でレビュー数は49です。
期日内発送は100%
優良注文率99.57%
まだスタートして半年ちょっとなのでレビュー数は少ないですけど
ショップの評価は決して低いわけではないと思います。

レビュー数や評価が高いセラーがカートを獲得しているのならまだわかるのですが
明らかに評価の低いセラーがカートを獲得し続けてるから意味がわかりません。

当店では今のところカート獲得率が復活した事はありません。(値下げとポイント倍率を上げれば復活しました)

推測なんですけど
国内だけではなく、世界にあるアマゾンですので
おそらく他国のアマゾンで
いまのカート獲得率は、すでに試験的にやっていたことであって
そこで何らかの成功?があったから
アマゾンジャパンにも導入するようにした、
という可能性はあると思います。
全世界いっせいにシステム改修するとはとても思えませんし
今の状況はきっと長期化していくような気がします。
以前までアマゾンは楽天なみの売り上げを作っていたと思いますが
もうこれからはアマゾンは【ついで】でやっていくしかないのかな・・・

今の状況が長期化して怖いなと思うのは
販売元のメーカーがカート獲得ができず、
卸売業者がずっとカートを獲得し続けているケースをたまに見かけますし
ずっと続けばメーカーが商品を業者に卸さないといってくると思います。
もしくはアマゾン以外で販売してくれ!と。

今後、自分の商品が獲得率100%になったとしても
どの卸売業者だってだいたい100~200商品以上は取り扱ってるでしょうし
いくつかの商品が100%になったって、
他の商品が0%になってたら結局不良在庫が・・・
ドロップシッピングだったらないでしょうけど
今かなりの数のセラーが大量の不良在庫抱えてることになってるんじゃないか?と推測します。

メインは楽天、ヤフー、自社サイトなど
アパレルだったらメルカリ、ラインモール、DeNAも売れそうですし
ハケをよくするためにアマゾンをついでにやってる
というような感じで運営を切り替えないと
時間がもったいないし、在庫リスクが・・・


(匿名ですみません。) #15

こちらも仮説ですが、最近「予想を超える納品数で、FBAの業務が遅れています」という通知が出まくっていましたよね?

アマゾンとしては、FBA納品が無駄に増えすぎて、自分が販売代行業者というよりもむしろ商品保管のための倉庫業者になっていくと、採算がとれなくなる、と判断してFBA納品の数を抑制しようと思っているのではないでしょうか?

そのためには、カートの変動制をとりやめて、カートを固定制にすればいいわけです。

別に我々出品者たちが苦労しようが、アマゾン全体での売り上げや手数料そのものはあまり変わらないわけですし・・・

早く元のシステムに戻してほしいですが、アマゾンさん的に元のシステムが都合が悪いのならシステムは戻らないでしょうから、
別の媒体へ主力を移すことも検討中です。

せっかくFBAが軌道に乗って来て面白くなってきていたのに、残念です・・・。


(匿名ですみません。) #16

さらに追加すると、カートを固定制にすることで価格競争が激しくなり、アマゾン全体の、他のモールサイトに対する価格競争率が高くなり、一石二鳥ですよね。


(カル) #17

そしてコピー商品が氾濫してアマゾンは万々歳です。


(ドンキー) #18

こんばんは、
あくまでも仮説なのですが、

アマゾン倉庫内の人件費を抑える目的で
カートボックスの動きを固定していると考えるのはどうでしょうか?

ある程度固定していれば
出荷作業にかける人件費がかなり抑えられると思います。

もしそうだとすれば
極悪ですがwww


(カル) #19

アマゾンは技術力がないので、出品、購入の住所は一切考慮されません。
単に関東の配送料のみで決まる。


(華) #20

私もカートボックスの取得について考えてみて思いついたことを・・・梱包が一段落したので息抜きに

投稿されている方の発送地域が分からないので一概に言えないのですが、カートってどこの地域からも同じに見えるのですかね?

例えば自己出品者の出品者が二人いて、Aが長崎県から、Bが青森県からとして、購入者が北海道の場合。
出品者の二人がほぼ同じ評価(アマゾン内部で)の場合、カートは青森県の方を優先。理由は配達日数が短い為。FBAの場合も配送先が近いほうを優先。

というのも、私がアマゾンで購入する場合、早く欲しい時に出品者の発送場所を確認して自分が住んでいる地域から近い方を探して、発送が一番早そうな出品者を選択する場合があるためです。

発送方法にもよりけりでしょうが、アマゾン側は出品者がどの方法でいつ発送しているかは把握していると思います。
パフォーマンスの出荷遅延率が100%でも、即日発送している方と次の日に発送している方を内部の評価で分けているのではないでしょうか。また発送方法で配達日数が短い宅急便の人とメール便のように日数がかかるのとでは違ってくると思います。

以前、郵便局の方と雑談してよくアマゾンで購入すると言われていたので理由を聞いたら、届くのが早いからって
言っていました(FBA、自己発送の出品者ともに)。
より早く届けられる方を優先しているのかなぁっと・・・価格で大差ない場合は(^_^;)

2016/03/08 11:26に雪華によって編集されました