商品APIセクションおよび AnyOfferChanged 通知の LandedPrice の変更について(2019/5/22更新)


(Support@JP_MWS) #1

【2019年6月6日 更新】
延期となっておりました「商品APIセクションおよび AnyOfferChanged 通知の LandedPrice の変更」は、2019年6月19日からの実施を予定しております。
影響を受けるアプリケーションを開発されている開発者様はご対応をお願いいたします。


【2019年5月22日 更新】
2019年5月29日からの実施を予定しておりました「商品APIセクションおよび AnyOfferChanged 通知の LandedPrice の変更」が延期となりました。
商品APIセクションおよびAnyOfferChanged通知をご利用のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、新しい実施日が決まり次第、改めてご報告させていただきます。


2019年5月29日より、商品APIセクションの一部のオペレーションのレスポンスおよびサブスクリプションAPIセクションを利用して購読するAnyOfferChanged通知に含まれるLandedPrice要素の定義が変更されます。

現在、LandedPrice要素では販売価格(ListingPrice)と配送料(Shipping)の合計が返却されますが、変更後は販売価格と配送料の合計から付与されるAmazonポイントの換算金額(Points)を差し引いた値が返却されます。この変更が適用されるオペレーションと通知は下記となります。

商品APIセクション:
GetLowestOfferListingsForSKU, GetLowestOfferListingsForASIN,
GetLowestPricedOfferForSKU, GetLowestPricedOfferForASIN,
GetCompetitivePriceForSKU, GetCompetitivePriceForASIN,
GetMyPriceForSKU, GetMyPriceForASIN

プッシュ通知:
AnyOfferChanged通知

なお、GetLowestPricedOfferForSKUおよびGetLowestPricedOfferForASINで返却されるLandedPriceは2019年5月29日より段階的に更新されるため、一部の商品に対しては引き続きポイント数を考慮しないLandedPriceが返却され、上位20の出品情報の決定にもポイント数が考慮されません。全ての商品のLandedPriceが更新されるまでに15日程度かかる可能性があります。この移行期間中にポイント数を考慮したLandedPriceを確実に取得するには、ListingPrice要素とShipping要素の値の合計からPoints要素の値を差し引いて算出する必要があります。

この変更に伴い、アクティブな出品一覧をLandedPriceの値でソートして最低価格もしくは上位20の価格情報を決定する下記のオペレーションとプッシュ通知では、ポイント数を考慮したLandedPriceでソートされた価格情報に基づいて返却値が決定されるようになります。

商品APIセクション:
GetLowestOfferListingsForSKU, GetLowestOfferListingsForASIN
GetLowestPricedOfferForSKU, GetLowestPricedOfferForASIN

プッシュ通知:
AnyOfferChanged通知

また、GetLowestOfferListingsForSKUおよびGetLowestOfferListingsForASINオペレーションが返却するMultipleOfferListingsAtLowestPrice要素についても、LandedPriceの値に基づいて最低価格の出品が複数あるかどうかを判定しているため、付与されるポイント数が考慮されるようになります。

上記変更の影響を受けるアプリケーションを開発されている場合には、2019年5月29日までにご対応をお願いいたします。

この変更によるクライアントライブラリの更新は不要です。


注文が反映されない不具合、発生しておりませんか?
(A→Z(世界最大スマホ見本市スペインMWC中止でRio蟹バルに検討中)) #2

むずかしすぎて、わかりません

セラーセントラや出品アップロードを使用しているセラーに
何か変更があるのでしょうか?

ソフト開発者向けだけなのでしょうか?

最低価格・・・・
付与ポイント・・・・
複数価格判定・・・・
返却値・・・・
・・・・=なんだらかんだら

解りやすく説明いただけますと助かります


(5f163bd873a4cb44be2e) #3

受注情報や出品情報、各種レポートなどをAPIで外部ソフトと連携していなければ大丈夫です。

また、汎用の外部ソフトなら、ソフト会社で対応してくれます

追記
サブスクリプションAPIセクション

相乗り出品者の価格情報などを外部ソフトで取得していなければ大丈夫です

Support@JP_MWS様 ほか
もし間違ってましたら、訂正お願いします


(DBO) #4

APIの返り値の問題ですのが、撤回された「ポイント強制付与」の件とも連携して改修されていたようですね。

ここにこれが投稿されたのは、amazon内の「最安値」を判断する「価格」(LandedPrice)が5月29日以降
変わるよということを知らせてくれたのだと思います。

amazonシステム内での「最安値」の判断は
現在は「販売価格だけで判断していてポイントは考慮していない」
これが「販売価格からポイント分を引いたものが価格」
に変更され、データのソートもその順になっていくということを教えてくれたのだと思います。

検索ロジックとかシステム関係は裏で「コソッ」と変更されることが多いです。
しかし、この変更はみなさんのオペレーション上「影響が大きい?」ので知らせておこうということではないでしょうか。

強制付与に絡めて、amazonさんもポイントに力を入れていくのかなと、先月試しにポイント10%に設定してみましたた。
しかし10%を引くと実質最安値になっても、ショップの並び順には考慮されなかったので、「意味無いな」と思ってすぐに元に戻しました。

今回の投稿は、変更によりそのうちamazoシステムの内部処理だけでなく、サイトの並び順も変わるかもということですね。

理解が違っていたら指摘してくださいね Support@JP さん。


(Support@JP_MWS) closed #5