新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

>ポートフォリオの予算

ポートフォリオの予算上限を使用して、キャンペーングループの支出を設定および管理し、ポートフォリオ内のキャンペーンの合計支出が、設定した予算を超えないようにします。

予算上限を指定すると、ポートフォリオ内での支出を停止するかどうか、またそのタイミングを制御できます。支出が停止すると、ポートフォリオ内のキャンペーンは配信されなくなります。月次繰り返し上限を設定する場合、予算上限は、予算期間中またはその月におけるポートフォリオ内のすべてのキャンペーンの最大支出額です。予算上限に達すると、ポートフォリオ内のすべてのキャンペーンは配信停止となります。

月末または選択された期間で、それらの期間について設定した予算を超える請求は発生しません。超過配信分については請求書が調整され、設定したポートフォリオ予算を超える金額は請求されません。キャンペーンレベルまたはポートフォリオレベルのどちらか一方で超過配信分のクレジットを払い戻します。そのため、請求書がキャンペーンレベルで調整された場合、ポートフォリオレベルではクレジットを受け取ることはありません。

期間の途中でポートフォリオ予算を増やしたものの、新しい予算よりも実際の支出が少なかった場合、新しい予算が適用されます。ポートフォリオ予算を減らし、ポートフォリオの支出がすでに新しい予算額を上回っている場合、ポートフォリオ内のキャンペーンは配信が停止され、超過分の配信クレジットは発生しません。 たとえば、ポートフォリオ予算を1000円から500円に変更し、ポートフォリオがすでに800円を費やしている場合、その期間に対して800円が請求されます。

ポートフォリオには、以下の3つの予算上限オプションがあります。

予算上限なし

既定では、ポートフォリオ予算は予算の上限はありませんに設定されています。この設定により、ポートフォリオ内のキャンペーンは、個々のキャンペーン予算がなくなるまで継続されます。

月次繰り返し予算上限

このオプションにより、毎月の初日にリセットするポートフォリオの月次繰り返し予算を設定できます。月の中旬に月次繰り返しオプションを設定した場合、当月の全額が考慮され、その月にすでに費やした金額が差し引かれます。その月のポートフォリオですでに費やした金額を示すメッセージが表示されます。

期間内の予算上限

このオプションにより、予算上限に対して特定の期間を選択できます。期間の終わりにキャンペーンが配信されていない場合は、終了日を延長することで配信を継続できます。ポートフォリオの予算上限の期間がキャンペーン終了日より前の場合、ポートフォリオ終了日に達すると、そのポートフォリオ内のキャンペーンは休止します。ポートフォリオの設定を編集する方法については、 ポートフォリオを編集するをご覧ください。

注: キャンペーンレベルの予算上限よりもポートフォリオレベルの予算上限が優先されます。ポートフォリオ予算を使い切った場合、そのポートフォリオに関連付けたすべてのキャンペーン(予算がまだ残っているキャンペーンも含む)が休止します。たとえば、キャンペーンAの通期予算が500円、キャンペーンBの通期予算が500円、ポートフォリオ予算が750円だとします。この場合、両方のキャンペーンの合計支出が750円のポートフォリオ予算に達すると、ポートフォリオ内のキャンペーンは休止します。キャンペーンAが通期予算500円に達した場合、キャンペーンBはポートフォリオの予算に達するまで250円を使用します。

ポートフォリオの予算上限を超えずに広告費を最大化するには、最も成果の高いキャンペーンの予算をポートフォリオの予算よりも高く設定することをお勧めします。

ポートフォリオの予算上限に達し、キャンペーンの再開を希望する場合は、合計予算と期間を増やすか、予算上限を削除します。これらの調整のいずれかを行うと、キャンペーンは再び配信されます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates