新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

電子商取引法におけるイギリスのVAT

イギリスは、2021年1月1日をもってEUの単一市場および関税同盟から正式に離脱する「ブレグジット」を実施する予定です。この日付以降、イギリスでは新しいVAT規則が導入される見通しです。これにより、イギリスの購入者への販売に対するVATの算出方法が変わる可能性があります。

新しいVAT規則によって何が変わりますか?

イギリスのVATに登録していないイギリスの購入者に商品を配送する場合は、次のようになります。

  • イギリス国外に保管している在庫から配送する場合:
    • 15ポンド未満の商品の販売に対する現在のVAT免除は廃止となります。今後は商品の販売にイギリスのVATが課せられます。
    • 発送される商品の金額が135ポンド以内の場合は、これらの販売に適用されるイギリスのVATをAmazonが徴収して納付する義務があります。
    • 金額が135ポンドを超える場合は、現在と同様に出品者自身でVATおよび輸入関税を納付する必要があります。
  • 出品者の所在地がイギリス国外で、イギリス国内に保管している在庫から配送する場合は、これらの販売に適用されるイギリスのVATをAmazonが徴収して納付する義務があります。

イギリスのVATに登録しているイギリスの購入者(Amazon Businessの購入者)に商品を配送する場合は、次のようになります。

  • イギリス国外に保管している在庫から配送する場合:
    • 15ポンド未満の商品の販売に対する現在のVAT免除は廃止となります。今後は商品の販売にイギリスのVATが課せられます。
    • 商品の価格が135ポンド以内の場合は、これらの販売に適用されるイギリスのVATをAmazonが徴収して納付する義務はありません。Amazon Businessの購入者は、VATを自身で計算し、イギリスのVAT還付申告を通じて納付します。

イギリス政府は、2020年の第4四半期にこれらの変更に関する法律を公布する予定です。Amazonでは、これらの変更に備えるよう出品者のサポートを行っています。現時点の見通しから変更があった場合は、随時最新の情報をご連絡いたします。

影響を受ける出品者は?

以下のいずれかに該当する場合、イギリスの新しいVAT規則が出品者の事業に影響する見込みです。

  • イギリス国外からイギリスの購入者へ商品を配送している。
  • 出品者の所在地がイギリス国外にあり、イギリスに保管している在庫から、イギリスのVAT登録を行っていないイギリスの購入者へ商品を配送している。

上記の販売以外においては、出品者は引き続きイギリスでのVAT登録の義務を遂行し、販売、購入、輸入で義務付けられるイギリスのVATを計上する責任を負います。

この変更に対してどのように準備すればよいですか?

セラーセントラルのアカウント情報が最新であることを確認してください。また、引続き、出品するすべてのマーケットプレイスで、VATを含めた定価を設定してください。Amazonでは、これらの変更が出品者にどのような影響を及ぼすことになるか、および最善の準備をどのように行うべきかについて、さらに詳しい情報がわかり次第、このヘルプページにてお知らせいたします。

また、上記の変更によって出品者のVAT登録の義務が変わることはありません。イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランド、チェコ共和国におけるVAT登録と申告についてサポートが必要な場合は、今すぐAmazon VATサービスにアクセスして登録してください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates