新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

韓国付加価値税(VAT)に関するよくある質問

重要: このページの情報は、税金、法律、その他の専門的な分野に関する助言を行うものではありません。疑問点がある場合は、税務、法務などの専門家にご自身で相談してください。

リモート電子サービスの提供に伴い、出品者から韓国付加価値税を徴収します

2019年9月1日より、韓国在住の出品者を対象に、リモートサービスにおける韓国付加価値税(VAT)の徴収が拡大されます。

韓国政府は、「リモートサービス」を提供している非居住企業を要件とする既存の法規を拡大し、VAT登録していない韓国の居住者に付加的なサービスを提供する場合、そのサービスについて韓国VATの徴収を開始します。これを受けて、Amazonが提供するリモートサービスとして、Amazon出品サービスの手数料(出品/販売サービス)、月間登録料、スポンサー広告が課税の対象となります。この新しいルールは、2019年9月1日から適用されます。出品者がAmazonに、韓国でVAT登録している証拠として韓国の会社登記番号(BRN)を提出していない場合、このルールに基づき、Amazonは、韓国に居住する出品者が支払うAmazon出品サービスの手数料に対し、標準税率10%の韓国VATを徴収し、納付する必要が発生します。Amazonでは、2019年9月1日から開始する変更に伴い、出品者がそれに向けた準備をし、セラーセントラルでBRNを更新するのに十分な時間を確保するため、対応する措置を講じています。

AmazonにBRNを提出している韓国の出品者は、Amazon出品サービスの手数料に10%のVATが徴収されることはありません。出品者がAmazonにBRNを提出する前にAmazonがVATを徴収した場合のVATについては、以下のよくある質問をご覧ください。

Amazonに韓国BRNを提出する手順は以下のとおりです。


  1. セラーセントラルにログインします。
  2. 設定から出品用アカウント情報を選択します。
  3. 納税情報セクションのVAT情報をクリックします。
  4. 国のリストから韓国を選択します。
  5. 10桁の韓国BRNを追加します。例: 123-45-67890。
  6. AmazonサービスVATに関する規約の税務登録規約に同意しますをクリックします。
  7. 保存をクリックします。

新しい規制がAmazon出品サービスアカウントに及ぼす影響について詳しくは、韓国国税サービスのウェブサイトをご覧ください。

BRNをすでに所有しています。この情報をすぐにAmazonに提出することはできますか?

BRNは、出品用アカウントにログインし、上記の手順に従って、いつでも提出できます。

有効なVAT番号を所有する出品者は、Amazon出品サービスの手数料に10%のVATが徴収されることはありません。

韓国VATが徴収されるAmazonサービス手数料の具体的な例はどのようなものですか?

9月1日よりAmazonでは、有効なBRNが登録されていないKR出品者を対象に、Amazon出品サービスの手数料に10%のVATを算定、徴収、納付します。新しいVATルールの対象となるAmazon出品サービスの手数料は以下のとおりです。

  • 販売手数料
  • 月間登録料
  • 広告費

韓国BRNを取得するにはどうすればよいですか?

国税サービスにアクセスし、韓国BRNをオンラインで登録するか、自社の税理士または法律顧問に相談してください。

出品者が韓国でVAT登録していない場合、またはAmazonにBRNを提出していない場合は、Amazonは韓国VATを出品者から徴収しますのでご注意ください。

韓国VATはどのように徴収されますか?

出品者がVAT登録した証拠として有効な韓国BRNを提出していない場合、Amazonは韓国の出品者に対し、Amazon出品サービスの手数料に標準税率10%のVATを徴収します。

Amazonは、2019年9月1日より、Amazon出品サービスの手数料に対する韓国VATの算定および徴収を開始します。

韓国のVATルールは、大口出品アカウントと小口出品アカウントの両方に適用されますか?

はい。サービス手数料の一覧は大口アカウントと小口アカウントでは異なりますが、電子商取引(ESS)ルールは大口アカウントと小口アカウントの両方に適用されます。このため、BRNが提出されない場合、いずれのアカウントにもAmazonから10%のVATが課されます。

セラーセントラルでBRNを追加していない場合、Amazonから定期的に通知してもらえますか?

いいえ。VAT情報のステータスを確認して管理することは出品者の責任です。Amazonはセラーセントラルで出品者に一般的な告知を行いますが、個々の出品者に連絡して、BRNが提出されない場合、Amazon出品サービスの手数料に対してAmazonが10%のVATを徴収することが法律で義務付けられているという点について、通知することはいたしません。

有効なBRNを登録していません。Amazonではどのくらいの頻度で10%のVATを算定し、販売手数料から徴収しますか?

Amazonでは、出品者が販売する各注文のAmazon出品サービス手数料に対して10%のVATを算定し、徴収します。

Amazonが10%のVATを徴収したかどうかは、セラーセントラルで確認できますか?

セラーセントラルの注文の詳細ページに税金セクションに表示されます。

Amazon出品サービスの手数料に対して徴収された韓国VATのタックスインボイスは提供されますか?

韓国の法律では、Amazonにはタックスインボイスを発行する義務はありません。月単位の支払いのトランザクションは期間別レポートで確認できます。期間別レポートは、セラーセントラルレポートペイメント期間別レポートの順に開いて、特定期間のトランザクションレポートを選択すると表示できます。

韓国在住ではなくなったため、現住所を含め、アカウント情報をすべて更新しました。出品用アカウントに対して以前に課税された韓国VATを返金してもらうことはできますか?

Amazonには、出品用アカウントに登録されている情報に基づいて韓国VATを課税し、納税する義務があります。韓国VATが算定および徴収された時点で、Amazonは出品用アカウントと韓国を関連付ける十分な情報を確認しています。有効な韓国BRNが登録されていない限り、Amazonは韓国VATを返金することはできません。

私は韓国の居住者ではありませんが、Amazonは出品用アカウントに韓国VATを課税しますか?

出品者が韓国の居住者ではない場合、出品用アカウントに請求するAmazon出品サービスの手数料は、韓国VATの課税対象にはなりません。韓国における出品者のVAT納税義務については、自社の税理士に相談してください。

有効な韓国BRNを提出した後も、Amazonが韓国VATを徴収し続けるのはなぜですか?

韓国でVAT登録している証拠として有効な韓国BRNを提出した場合、Amazonは韓国VATの算定および徴収を行いません。

ただし、注文のタイミングによってはVATが徴収されることもあります。Amazonは注文を受けた時点で韓国VATの税額を算定し、出荷した時点で出品用アカウントに課税します。そのため、韓国BRNを提出する前に受けた注文に対して韓国VATが徴収された可能性があります。

アカウント情報を韓国国外の現住所に更新しましたが、韓国VATが徴収され続けるのはなぜですか?

Amazonは注文を受けた時点で手数料に対する韓国VATを算定し、出荷した時点で徴収します。出荷時に提出されていた情報に、出品者が韓国の居住者であると示される場合、韓国VATが徴収されます。現住所や支払い情報を更新する前に、保留中の注文があった可能性があります。

出品用アカウント情報を開いて、各欄に登録されているすべての情報が完全かつ正確であることを確認してください。

出品用アカウントに複数の住所や支払い方法が関連付けられている可能性があります。

Amazonに納税申告をサポートしてもらうことはできますか?

Amazonでは出品者をサポートするよう努めていますが、税務関係または法令遵守に関するサービスは提供していません。税理士にお問い合わせください。

その他のお問い合わせについては、セラーセントラルから、テクニカルサポートにお問い合わせください。Amazonテクニカルサポートには、次のお問い合わせフォームからお問い合わせいただけます。

  1. Amazon出品サービスを選択します。
  2. ガイドライン、規約違反から税金をクリックします。
  3. 質問の内容の下に、お問い合わせ内容を記載します。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates