新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

インボイス制度導入(2023年10月1日開始)- 概要

2023年10月1日より、インボイス制度(適格請求書等保存方式)が適用されます。インボイス制度とは、法人及び個人事業主のお客様が仕入税額控除を受けるための制度です。本制度の開始以降は、仕入れ税額控除の対象とできる適格請求書を発行できるのは「適格請求書発行事業者登録番号」を持つ販売事業者に限られます。本制度の導入に伴うAmazonの対応は下記の通りです。

適格請求書の発行について

2019年10月1日より、Amazon.co.jpでは出品者に代わり、法人・個人事業主の購入者への請求書を発行しています。現在、こちらの形式で提供していますが、本制度の開始後は、適格請求書の要件を満たすためには、請求書に出品者の登録番号を表示する必要があります。2023年10月1日より、Amazonでは登録番号をセラーセントラルに登録いただいた出品者の登録番号のみ、請求書への番号表示を行います。

出品者で必要な対応


  1. 適格請求書発行事業者登録番号の取得
  2. セラーセントラルの消費税の設定に適格請求書発行事業者登録番号を入力する

これら2点が、適格請求書発行事業者である出品者側で必要な対応です。詳しくは、以下をご覧ください。

適格請求書発行事業者登録番号の取得

適格請求書発行事業者登録番号は、オンライン(e-tax)による申請の提出、または国税庁へ書類を送付することによって取得できます。申請は2021年10月1日より受け付けが開始されています。2023年10月1日までに番号を取得するには、原則として2023年3月31日までに申請を提出する必要があると国税庁が発表しました。直前の申請になると、発効までに時間がかかる可能性があるため、できるだけ早く申請することをお勧めします。番号の申請方法について詳しくは、国税庁公式ウェブサイトを参照の上、必要に応じて税務担当者または税理士などの専門家にご確認ください。

登録番号のセラーセントラルへの入力について

消費税の設定ページで「はい、日本で消費税の納税義務があります。」を選択すると、下の列に番号を入力できるようになります。T+13桁の数字のみ入力可能です。番号は、こちらのページで登録されている出品者が取得した登録番号と必ず一致する必要があります。一致しない場合は、適格請求書として認められません。Amazonは出品者の登録情報に基づいて請求書を代わりに発行しており、出品者の誤った入力による誤表示は出品者の責任となりますことをご留意ください。国税庁がこちらの適格請求書発行事業者公表サイトで公開している情報と、Amazonに提供いただいた情報(番号、正式販売事業者名)を必ず一致させるようにお願いします。

関連ヘルプページ

インボイス制度導入(2023年10月1日開始)への対応について- よくある質問

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates