新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

キーワードターゲティングのベストプラクティス

適切なキーワードを選択すると、適切なオーディエンスの検索結果に広告が表示されます。

キーワードターゲティングキャンペーンは、インプレッション、クリック、売上を誘導するキーワードをターゲットにします。キーワードが十分に追加されていなかったり、キーワードが具体的すぎたりすると、売上目標を達成するのに十分なインプレッションを獲得できません。キーワードが一般的すぎると、購入に至らない広告のクリックに多くの費用がかかることがあります。

効果的なキーワードを見つけてキーワード戦略を向上させるため、以下のベストプラクティスをご活用ください。

推奨キーワード

新しいキーワードを追加するときは、関連タブの推奨キーワードを確認してください。これらの推奨キーワードは、同じ商品または類似商品に対する過去のショッピング検索および広告に基づいており、スポンサーブランド広告キャンペーンの場合は、ランディングページの商品に対する過去のショッピング検索に基づいています。推奨キーワードはキャンペーンの実施に伴って引き続き更新されているため、適宜、新しい推奨キーワードを確認してください。

検索ワードレポート

キャンペーンの検索ワードレポートでは、購入客が検索ワードを入力して、結果的に広告が1回以上クリックされた場合の実際のショッピング検索に関する情報を提供します。このレポートを使用して、最も売上につながる検索ワードおよび傾向を特定し、キャンペーンでそのようなキーワードに、より競争力のある入札額を設定しましょう。

オートキャンペーン

スポンサープロダクト広告キャンペーンの場合、ASINを使用して新しいオートキャンペーンを開始し、期待するパフォーマンスに適したショッピング検索を使用してマニュアルキャンペーンを作成できます。

説明用語

商品詳細ページ(または競合他社のページ)で使用されている説明用語を確認し、キーワードとして追加します。Amazon内で類似商品を探すお客様が使用すると予想されるショッピング検索のリストを見直しを行います。

キーワードの量をキャンペーンに適したものにする

理想的なキーワード数はありませんが、キャンペーンと広告グループには25個以上のキーワードを含めることをお勧めします。売上目標を達成するのに十分なインプレッションを広告が獲得できるようにするため、キーワードを追加することを検討してください。キーワードによっては、一般的なショッピング検索ではないためにインプレッションを多く獲得できない場合があります。

ブランド用語

キャンペーンの目的に応じて、ブランド商品キーワード(ブランド名と商品名、またはそのバリエーションを含む)を使用してください。同じカテゴリーの貴社と類似する商品をターゲットにしたキーワードを使用するか、補完的な商品キーワードを使用します。補完的な商品キーワードの場合、出品商品とは別に販売されていても一緒に使用される商品をターゲットに設定しましょう。たとえば、SDカードを販売する場合は、キーワード「デジタルカメラ」に入札します。 キャンペーン目標に基づいてキャンペーンや広告グループを分けることも検討してください。

目的を特定する

キャンペーンの目的を考え、一般的なキーワードと具体的なキーワードのどちらを使用する必要があるかを検討してください。具体的なキーワードの場合、広告をクリックして商品を購入する購入客にリーチする可能性が高くなります。

たとえば、犬用シャンプーを出品する場合、より具体的なキーワードと一般的なキーワードのどちらを使用するべきかを検討する必要があります。キーワード「シャンプー」をターゲットに設定した場合、広告は多くのインプレッションを獲得する可能性がありますが、犬用シャンプーと人用シャンプーの両方のキーワードに対して入札されます。また、人用シャンプーを探している購入客が犬用シャンプーの広告をクリックした場合、購入に至る可能性は低くなります。

逆に、ヨークシャーのオーナーが自分のシャンプーブランドを気に入っていると思い、キーワード「ヨークシャー用シャンプー」をターゲットに設定した場合、広告は多くのインプレッションを獲得できない可能性があります。コンバージョンについては、「シャンプー」や「犬用シャンプー」などの一般的なキーワードよりも高くなる可能性があります。

固定せず定期的に確認する

キーワードが1つのキャンペーンで2週間実施されたら、どの検索ワードが最も効果的で最適なトラフィックとクリックを生み出しているかを確認しましょう。成果の低いキーワードをアーカイブし、成果の高いキーワードの入札額を引き上げることを検討してください。ガイダンスに基づいて過去7日間にインプレッションを獲得した広告の推奨入札額とその範囲を確認しましょう。

互いに競合しないキーワード

類似のキーワードを使用しても、広告費が上がったり、互いに相殺されたりすることはありません。キャンペーンパフォーマンスを最もよく理解するために、同じキャンペーン内でASINとキーワードの組み合わせを同じものにしておくことをお勧めします。複数のキャンペーンで同じキーワードを使用して同じ商品の広告を掲載する場合、成果に影響はありませんが、広告のパフォーマンスを判断するにはより多くのキャンペーンページを確認する必要があります。

覚えておくべきその他のベストプラクティス

  • 複数形のキーワードや、既存のキーワードのスペルミスを追加する必要はありません。たとえば、「Headphone」と「Headphones」、「Head phones」と「Headphones」の両方を追加する必要はありません。
  • 同じキーワードに同じ入札額で3つのマッチタイプを設定することは、1つのキーワードを1つの部分一致タイプで1回追加することと同じです。これは、利用可能な広告ごとに1回しか入札できないためです。同じキーワードに複数のマッチタイプを設定しても、インプレッションが失われることはありません。
  • 部分一致のキーワードを設定していても、その完全一致を除外ターゲットに設定している場合、部分一致キーワードのインプレッションを獲得することはできますが、完全一致フレーズのインプレッションは獲得できません。たとえば、部分一致「メンズランニングシューズ」を設定しており、「ランニングシューズ」を除外ターゲットに設定している場合、部分一致検索でAdidasのメンズシューズのインプレッションを獲得することができます。しかし、文字列「ランニングシューズ」がショッピング検索の一部である場合、インプレッションは獲得できなくなります。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates