新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

入札戦略に関するよくある質問

異なる入札戦略のパフォーマンスを比較するには、動的入札額 - ダウンのみを使用している実施中の既存のキャンペーンを選び、その戦略を動的入札額 - アップとダウンに変更することをお勧めします。

利用可能な多言語キャプションは、Google Chromeブラウザで最も見やすく表示されます。

スポンサープロダクト広告の入札戦略を変更するには、キャンペーン設定タブに移動し、キャンペーン入札戦略の選択を更新します。

入札戦略をテストする際は、しばらくの間実施していて成果が安定しており(数週間にわたってACOSとコンバージョンが比較的安定している)、十分なコンバージョンを生み出しているキャンペーンを選択するのが最適です。

テストを実施する際は、戦略の変更によりパフォーマンスに差が出たことがはっきり分かるように、変更内容を限定することをお勧めします。この方法は、週によって条件が変わる可能性があるため完璧ではありませんが、参考としてご利用ください。元の入札戦略に戻す場合は、キャンペーン設定タブで設定を元に戻します。

以下のテスト方法は推奨されていません。

  • [動的入札額 - アップとダウン] の戦略を使用して新規のキャンペーンを作成し、既存の [動的入札額 - ダウンのみ] のキャンペーンと比較する。パフォーマンスデータがほとんどない新規のキャンペーンを既存のキャンペーンと比較しても、正確な結果は得られません。Amazonの予測アルゴリズムによる動的入札の入札額の最適化は、データ量が多いほど効果的に動作するためです。また、新規のキャンペーンが既存のキャンペーンと大きく異なる(広告掲載のASINが異なる、キーワードが異なるなど)場合、パフォーマンスの差が入札戦略の違いだけによるものなのかを判断できません。
  • 入札戦略が異なる同一のキャンペーンを2つ作成する。このように作成したキャンペーンは、同じオークションで競合し合うことになります。この相互作用によって、結果に歪みが生じる可能性があります。広告のクリック単価が他のキャンペーンの影響を受けることはありませんが、戦略のテストとして明確な結果が得られる可能性は低くなります。
サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates