新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

比較テストのヒント

  • 比較テストのコンテンツが既存のコンテンツと異なることを確認してください。 コンテンツがあまりに類似していると、購入者の行動に影響する可能性が低く、確信をもって良い結果を獲得したコンテンツを判断できない場合があります。
  • 比較テストは期間全体にわたって実施してください。 比較テストの初期に結果が期待できる場合でも、それによって間違った解釈につながる可能性があります。これらの結果を基に比較テストを早期に終了すると、比較テストの効果を過大評価したり、誤ったバージョンを設定したりする可能性が高くなります。
  • 商品紹介(Aプラス)コンテンツの場合は、同一のASINのセットに紐付けてください。 比較テストで評価を行う商品紹介(Aプラス)コンテンツの2つのバージョンを特定するときは、商品紹介(Aプラス)コンテンツの管理を使用して、両方のバージョンが同一のASINのセットに適用されていることを確認してください。そうでない場合、比較テストを設定することができません。

比較テストのアイデア

比較テストについて、検討する価値があると思われるアイデアをいくつか示します。ただし、これらのアイデアに限定しないようにしてください。テストの内容はご自身の判断で決めてください。

  • 商品名の長さを100文字未満に抑えることで、不要な情報を減らし、商品詳細ページをより多くの購入者が閲覧するように促す
  • 商品名を変更してブランド名を入れる
  • 明確な商品名にして、購入者が興味を引くようアピールする
  • クリエイティブな商品画像を追加して、競合商品よりも目立たせる
  • コンテンツに高解像度の画像を追加する、または既存の画像を更新する
  • 専用のライフスタイル画像または定番の商品画像を使用する
  • 1つの特徴を別のものと対比させて際立たせる
  • 商品詳細ページに新しい商品紹介(Aプラス)コンテンツモジュールを取り入れる
  • 商品紹介(Aプラス)コンテンツに比較表を使用する

比較テストの結果

比較テストの結果を活用し、比較テストの総合的効果を最大限に活用できます。

  • 比較テストが終了する前に、比較テストを頻繁に確認しないでください。 中間結果は間違った解釈につながる可能性があります。
  • その他の比較テストも実施してください。 コンテンツ戦略を継続的に改善するには、別のASINでテストを行ったり、同じASINに対するコンテンツの仮説を変更したり、季節ごとにテストを行ったりすることで、さまざまなタイプの購入者がどのようにして商品にアプローチしたかを把握できます。
サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates