新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

配送地域の自動化

配送地域の自動化

配送地域の自動化は、指定した配送サービスの配送所要日数と出品者の倉庫の場所に基づいて、マケプレお急ぎ便(翌日)とマケプレお急ぎ便(翌々日)の配送地域を設定するのに役立ちます。 Amazonでは、定期的にこれらの地域を更新し、指定した配送サービスの最新の配送所要日数を反映します。配送地域の自動化を有効にすると、マケプレプライム・お急ぎ便関連プログラムの配送地域を手動で設定する必要がなくなります。通常配送のプライム対象地域は、マケプレお急ぎ便(翌日)とマケプレお急ぎ便(翌々日)の地域に応じて設定されます。

新しいプライム配送パターンの作成

自動設定のプライム配送パターンを作成するには、次の手順に従います。


  1. セラーセントラルの右上にある設定ドロップダウンメニューで、配送設定をクリックします。
  2. 配送パターンタブで新しい配送パターンを作成をクリックします。
  3. ポップアップウィンドウで、新しい配送パターンを作成をクリックし、次へをクリックします。
  4. 配送パターン名を入力します(「配送料無料」など)。
  5. 配送料は、個数重量制または購入金額制のいずれかから選択します。
  6. トグルボタンをクリックして、配送地域の自動化を有効にします。
  7. ポップアップウィンドウで、発送元住所配送業者を選択します。
    注: 配送業者を選択し、次へボタンを有効にします。
  8. トグルボタンを使用して、はい、使用する配送サービスに基づいてプライム対象地域を設定します を有効にし、次へをクリックします。
    注: このオプションは、出品者がプライムに利用資格がある場合にのみ利用できます。
  9. 配送サービスの人口カバー率に応じて、配送サービスを選択します。
  10. プライム配送設定を確認し、確定をクリックします。
  11. プライム会員以外の購入者の配送料を確認および編集します。
  12. 保存をクリックして、配送パターンを保存します。
  13. プライム配送パターンにSKUを割り当てます

詳しくは、配送設定の自動化に関するよくある質問をご覧ください。

既存のプライム配送パターンのアップグレード

既存のプライム配送パターンをアップグレードするには、次の手順に従います。


  1. セラーセントラルの右上にある設定ドロップダウンメニューで、配送設定をクリックします。
  2. 配送パターンタブで、リストから編集するテンプレートを選択します。
  3. 画面の右上にある配送パターンを編集をクリックします。
  4. トグルボタンをクリックして、配送地域の自動化を有効にします。
  5. ポップアップウィンドウで、発送元住所配送業者を選択します。
    注: 配送業者を選択し、次へボタンを有効にします。
  6. トグルボタンを使用して、はい、使用する配送サービスに基づいてプライム対象地域を設定します を有効にし、次へをクリックします。
    注: このオプションは、出品者がプライムに利用資格がある場合にのみ利用できます。
  7. 配送サービスの人口カバー率に応じて、配送サービスを選択します。
  8. プライム配送設定を確認し、確定をクリックします。
  9. プライム会員以外の購入者の配送料を確認および編集します。
  10. 保存をクリックして、配送パターンを保存します。
  11. プライム配送パターンにSKUを割り当てます

詳しくは、配送地域の自動化に関するよくある質問をご覧ください。

配送設定の自動化に関するよくある質問

Amazonではプライム配送地域をどのように自動設定していますか?

プライム対象地域は、発送元住所から、配送パターンでプライム対象となっている配送地域(購入者が注文した都道府県)への指定配送業者の配送パフォーマンス(期日内配送など)に基づいて決定されます。プライム対象地域は、配送パターンで選択された配送サービスのうち少なくとも一つはお届け予定日(翌日または翌々日)までに配送できるように設定されます。期日内配送ができると想定される範囲で、プライムカバー率が最大化されるように、対象地域は定期的に変更されます。

Amazonが管理するプライム配送地域は、配送業者の配送パフォーマンスに影響する自然災害(地震や豪雨など)を含む突発的な事故を考慮したものですか?

いいえ。配送地域の自動化においては、通常の状況に基づいて設定が行われています。配送業者の配送パフォーマンスを悪化させる突発的な事故の影響は考慮していません。そのような場合は、必要に応じて配送地域を手動で変更してください。

発送元住所として何か所を選択できますか?

発送元住所は最大10か所まで選択できます。自動設定される配送地域は、マケプレお急ぎ便(翌々日)およびマケプレお急ぎ便(翌日)の注文で、いずれかの各発送元住所から選択した配送サービスで配送可能な地域(のすべて、またはそれらをまとめたもの)になります。

どの配送業者/配送方法を選択すればよいですか?

現在、配送地域の自動化には宅急便・宅急便コンパクト・ゆうパックをご利用いただけます。マケプレお急ぎ便(翌日)とマケプレお急ぎ便(翌々日) 注文を出荷するために使用する配送業者/配送サービスを選択する必要があります。配送設定セレクターに表示されるすべての配送サービスが選択対象となります。

複数の配送業者/配送サービスを選択することはできますか?

はい。マケプレお急ぎ便(翌日)とマケプレお急ぎ便(翌々日) の注文に使用する配送サービスをすべて選択してください。配送地域は、選択したいずれかの配送サービスで配送可能なすべての地域をまとめたものとして設定されます。配送地域は配送サービスによって異なる場合があるため、配送パターンに複数の配送サービスを選択する場合は、選択したすべての配送方法で配送地域への期日内配送が可能であることを確認してください。

プライムの対象地域のカバー率はどのようにして決まりますか?

プライムの対象地域のカバー率は、発送元から選択した配送サービスで配送可能である、プライム対象地域内の人口数(日本国内)の割合として計算されます。

プライムの配送対象地域が自動化前と比べて小さくなっているのはなぜですか?

選択した配送サービスで、所定の地域に期日内に配送可能で、期日内配送のパフォーマンスが高い場合、その地域はプライム対象地域として有効化されます。その地域での一部の配送が期日内に届けられないことが判明した場合、顧客満足を維持するために、その地域はプライム対象地域として無効化される可能性があります。ただし、配送サービスの配送所要日数が減ると、プライム対象外の地域をプライム対象地域に変更することができます。

地域が変更されたことはどうすればわかりますか?

Amazonが自動設定の配送パターンで対象地域を更新すると、必ず新しいバージョンの配送パターンが作成されます。配送パターンの改訂履歴で、新しいバージョンの配送パターンが作成されているかどうかを確認できます。

翌日配送と翌々日配送の両方で一部の地域が表示されるのはなぜですか?

それらの地域に対しては、翌日配送または翌々日配送での配送が可能です。配送業者の配送パフォーマンスに基づいて、Amazonがいずれかの配送方法を選択します。たとえば、その地域に対して翌日配送が選択されている場合、翌日配送で配送可能な地域のセクションと、翌々日配送で配送が不可である地域のセクションで、該当する地域名を確認することができます。

私は離島から発送を行う出品者です。この機能を利用することはできますか?

いいえ。現在、配送地域の自動化は、離島以外の北海道、本州、四国、九州(および沖縄)から発送する出品者に対してのみ有効です。技術的には、離島の出品者が配送地域の自動化を有効にすることができますが、離島出品者が属している本土の都道府県から商品が発送されることを前提に、配送地域が自動設定されます。

配送地域の自動化を無効にすることはできますか?

はい。トグルボタンをクリックして、配送パターンで地域を手動で選択することで、配送地域の自動化を無効にできます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates