新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

出荷設定

出荷設定ページでは、出品者の商品について、営業日、配送日、注文締め時間を設定できます。プライム対象とプライム対象外の商品の両方について、出荷設定の確認と編集を行ってください。このページで設定した内容は、購入者に表示されるお届け日と出荷予定日に適用されます。

出荷設定機能には、次の2つのセクションがあります。 一般出荷設定および「配送地域の自動化」の出荷設定です。

一般出荷設定

一般出荷設定は、出品者が配送地域を手動で設定している場合に、Amazonが配送予定日を決定するために使用されます。配送業者の配送サービスに基づく配送予定日は、 配送地域の自動化でのみ利用できます。

注: 一般出荷設定で指定した設定は、配送地域の自動化を有効にしていないすべての配送オプションに適用されます。 これには通常配送が含まれます。配送地域の自動化を有効にしていない場合、一般出荷設定を使用して、商品の注文締め時間と営業日を設定します。

「配送地域の自動化」の出荷設定

配送地域の自動化の出荷設定は、配送サービス設定に基づいて配送地域を設定する場合に、Amazonが配送予定日を決定するために使用されます。配送パターンで 配送地域の自動化を有効にしている場合に、曜日、および希望の配送サービスごとに出荷設定をカスタマイズできます。Amazonは、これらの設定を使用して、配送地域の自動化を有効にしている商品の出荷予定日とお届け予定日を計算します。
注: 配送地域の自動化は現在、お急ぎ便関連プログラムでのみ利用できるため、これらの設定は 通常配送には適用されません。配送地域の自動化の出荷設定が表示されるのは、配送地域の自動化で1つ以上の配送パターンが有効になっている場合のみです。

注文締め時間、営業日、配送日

営業日、注文締め時間、配送日は、出荷設定で確認および編集できます。

営業日

月曜日から金曜日は必須の営業日とみなされます。土曜日と日曜日は任意の営業日として設定できます。この設定を有効にすると、土曜日と日曜日も出荷予定日の計算対象となります。つまり、土曜日と日曜日にも注文を発送する必要があります。

アカウント単位で週末を営業日に設定するには、以下の手順に従います。


  1. セラーセントラルの設定で、配送設定をクリックします。
  2. 一般設定出荷設定セクションで、編集をクリックします。
  3. 一般出荷設定で週末出荷の、土曜日または日曜日の営業のチェックボックスをオンにします。
  4. 保存します。
注: 一般出荷設定で土曜日または日曜日を営業日として設定すると、配送地域の自動化が有効になっていないすべての商品およびすべての配送オプションに適用されます。

特定の配送サービスおよびプライム対象出品についてのみ週末を営業日として設定するには、以下の手順に従います。

  1. セラーセントラルの設定で、配送設定をクリックします。
  2. 一般設定出荷設定編集をクリックします。
  3. 「配送地域の自動化」の出荷設定で、週末出荷に移動します。
  4. 週末出荷を有効にするボタンをクリックします。
  5. 週末に有効にする配送サービスのセクションを特定します。
  6. 土曜日または日曜日に稼働する配送サービスの最終集荷時間と注文締め時間を選択します。配送サービスが週末に集荷しない場合は、「集荷なし」を選択します。
  7. 週末出荷設定を選択します。プライム出品にのみ設定を適用するか、すべての出品に適用するかを選択できます。すべての出品に拡張すると、配送地域の自動化が有効になっているプライム対象とプライム対象外の出品の両方に適用されます。
  8. 出荷設定の変更内容をすべて確認し、変更を保存します。
注:
  • 週末出荷を有効にすることは任意です。
  • 週末出荷を有効にした場合、週末の日も出荷予定日にカウントされます。週末出荷設定を使用して、週末出荷をプライム対象の出品のみに限定できます。

配送業者の集荷時間と注文締め時間

注文締め時間は、商品の出荷予定日を決定するために使用されます。設定した注文締め時間より前に受けた注文は当日が出荷日となり、注文締め時間を過ぎた注文は翌営業日に出荷する必要があります。

配送地域の自動化を有効にしていない配送オプションでは、一般出荷設定で設定された注文締め時間が使用されます。 通常配送、お急ぎ便関連プログラムについては、注文締め時間を出品者のビジネスニーズに基づいて設定できます。 通常配送の注文締め時間は、配送パターンで即日出荷を有効にしている場合にのみ適用されます。

注: 注文当日の出荷が必要なすべての配送オプションの初期設定の注文締め時間は、現地時刻の午後2時です。 設定した注文締め時間は、すべての営業日で同じになります。即日出荷を有効にしている場合は、通常配送にもこの設定が適用されます。 唯一の例外はマケプレ当日お急ぎ便で、より早い注文締め時間を指定できます。

一般出荷設定の注文締め時間を変更するには、以下の手順に従います。

  1. セラーセントラルの設定で、配送設定をクリックします。
  2. 一般設定ダッシュボードで、出荷設定セクションを特定します。
  3. 編集をクリックします。
  4. 一般出荷設定で、注文締め時間のセクションを特定します。
  5. 配送オプションごとに希望の注文締め時間を設定します。
  6. 設定を保存し、一般設定ダッシュボードで確認します。

配送地域の自動化が有効になっている配送オプションでは、配送地域の自動化の出荷設定で設定されている注文締め時間を使用します。出品者は、配送サービスで使用する曜日(週末を含む)ごとに、集荷時間および注文締め時間を設定できます。 注文締め時間は、配送業者の集荷時間の2時間30分前から30分前までの間に設定することができます。

日本国内の配送業者のデフォルトの平日集荷時間は、現地時刻の午後2時です。現時点では、日本国内の配送業者の集荷時間を午後9時30分より後に設定することはできません(そのため、最終の注文締め時間は午後9時に制限されています)。週末は、配送サービスごとに注文締め時間を正午から設定できます。

注: 配送地域の自動化の出荷設定の注文締め時間は、一般出荷設定で設定されている注文締め時間と同じか、それ以降にする必要があります。

配送地域の自動化の出荷設定の注文締め時間を変更するには、以下の手順に従います。

  1. セラーセントラルの設定で、配送設定をクリックします。
  2. 一般設定で、出荷設定セクションを特定し、編集をクリックします。
  3. 「配送地域の自動化」の出荷設定に移動します。
  4. 配送サービスごとに、配送業者の集荷時間と注文締め時間を設定します。
  5. 配送サービスの集荷時間と注文締め時間が曜日によって異なる場合は、「日単位で設定」オプションを選択します。そうでない場合は、「週単位で設定」オプションを選択して、週全体で集荷時間と注文締め時間を同じにします。
  6. 土曜日や日曜日を営業日に設定している場合は、土曜日と日曜日の配送業者の集荷時間と注文締め時間を設定します。
  7. 保存をクリックし、一般設定ダッシュボードで選択した内容を確認します。
ヒント: 注文締め時間を遅く設定することで、購入者に対してより遅い時間まで、早めのお届け日を表示することができます。また、配送パターンで配送地域の自動化を有効にすることで、曜日ごとに異なる注文締め時間を設定することもできます。

配送日

月曜日から金曜日は必須の配送日とみなされます。配送地域の自動化を使用する場合、出品者が希望する配送サービスが土曜日または日曜日に配送できる場合、土曜日または日曜日のお届け日も購入者に表示されます。以下の場合、週末のお届け日は表示されません。

  1. 配送地域の指定に使用する配送サービスが、購入者の所在地への週末配送をサポートしていない場合。または、
  2. 購入者が週末に注文を受け取ることを希望しない場合。
注: 週末に配送できる配送サービスを有効にすると、購入者に早めのお届け日を表示できます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


この内容は役に立ちましたか?
ご意見ありがとうございました
このヘルプページをどのように改善したらよいでしょうか? 注意: ここではケースは作成されません。コンテンツの内容についてご意見をお聞かせください。
1000
何が役立ったか具体的に教えてください。
1000
ご協力ありがとうございました。
ご意見ありがとうございました。ご不明な点がありましたら、こちらよりContact Usください。

あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates