新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

Amazon知的財産権ポリシー

Amazonは、購入者に世界中で最も幅広い種類の商品を提供し、すばらしい顧客満足体験をしていただけるよう取り組んでいます。Amazonでは、ブランドやその他の権利所有者の知的財産権を侵害する出品を禁止しています。

このページでは、知的財産権に関する情報や、Amazonに出品する際に発生するかもしれない、知的財産に関するよくある懸念についてご案内しています。これは法的アドバイスではありません。出品者の知的財産権または他人の知的財産権に関する質問については、法律専門家に相談してください。

著作権


  1. 著作権とは何ですか?

    著作権は、ビデオ、映画、音楽、本、ミュージカル、TVゲーム、絵画など、著作者の著作物を保護します。 一般に、著作権法は、公共の利益のため、著作者による著作物の制作を奨励することを目的としています。 著作権保護を受けるには、原作者の作品は著者により制作され、一定の創造性が認められる必要があります。通常、著作物の著作者は、その作品の著作権を所有します出品者が著作物の著作者であり、かつ、他者の指示の下でその作品を制作していない場合には、通常は出品者がその作品の著作権を有しています。

  2. 商品詳細ページに使用している画像について、自分が著作権を所有しているかどうか、どのように分かるのですか?

    出品者が自身の商品の写真を撮影した場合は、通常、出品者にその写真の著作権があり、その商品を販売するためにその写真を商品詳細ページに使用することができます。ただし、ある写真が別の人のウェブサイトに掲載されている場合は、その写真を当該別の人の許可なく商品詳細ページにアップロードすべきではありません。

    注: 出品者が商品詳細ページに著作権で保護された画像を追加するとき、出品者はAmazonおよびその関連会社にその画像を使用する権限を付与します。 出品者がその商品をもう販売していない場合でも、出品者が著作権で保護された画像を追加したページに、他の出品者が販売のために商品を出品することができます。 他者の著作権を侵害しないためには、必ず出品者がご自身のために作成した、または著作権の保有者からアップロードする許可を得た画像やテキストのみをアップロードしてください。

    詳しくは文化庁のウェブサイトから、著作権の基礎知識やよくある質問をご覧ください。

  3. 出品中の商品の著作権を保有しているかどうか、どのように分かるのですか?

    出品している商品が著作権を侵害していないことを確実にすることは重要です。さもないと、出品権限が停止になり、法的結果に直面する可能性があります。

    著作権の保有者から許可を受けた場合や、著作権が消尽している場合、著作権で保護された第三者の作品を販売できます。著作権の消尽により、一般に、著作権保有者の許可を得ることなく、正規の合法的に購入された物理的な商品(本やCDなど)を再販売することができます。

    Example: 第三者の書籍の中古本をAmazonで出品しようと思った場合、著作権で保護されている第三者の作品を販売していることになります。著作権の消尽により、正規かつ合法的に購入した商品の再販売が認められるため、一般には、著作権保有者からさらなる許可を得ることなくその本を出品することができます。

商標


  1. 商標とは何ですか?

    商標は、言葉、記号、意匠、または同一の組み合わせ(ブランド名やロゴ)で、企業が自社の商品やサービスを識別したり、他の企業の商品やサービスと区別するために使用します。つまり、商標は、商品やサービスの出所を表します。一般に、商標法は、購入者が商品やサービスの出所に関して混同するのを防ぐために存在します。

    Example: 「Amazon」は、Amazonの多くの商品およびサービスに使用される商標です。他にも、Amazonの商標には、「Available at Amazon」の商標など、画像と言葉の両方が含まれているものがあります。


    商標保有者は、国の商標所管庁(日本特許庁など)に商標を登録することで、商標を保護します。

  2. 商標はどのようなものを保護しますか?

    商標法は通常、特定の商品またはサービスの出所についての購入者の混乱から当該商品または役務の提供者を保護するものです。 商標権者は、ある商品が商標権者の商品であるかどうかについて購入者が混乱する可能性が高い場合、第三者が特定の商標や紛らわしい類似の商標を使用することをやめさせることができます。

  3. Amazonでは、どのような種類の商標が表示されますか?

    商標は、多くの場合、Amazonの商品詳細ページにおいて商品名やブランド名という形で表示されます。

    特許庁が商標に関する詳しい情報を提供しています。

  4. 商標を使用するには常に商標権者の許可が必要ですか?

    商標権者ではないということのみをもって、別の企業の商品を出品できないとは限りません。通常、商標権の無権限使用は、商品の出所に関して混乱を生じる可能性が高い場合に侵害にあたります。

  5. 出品者として、第三者の商標を使用できるのはどのような場合ですか?

    出品者は通常、次の場合に第三者の商標を使用することができます。

    1. 正規品を出品する場合、出品者はその商品を出品するために商標登録名を使用することができます。
    2. 商標登録された言葉を、辞書に記述されている意味で使用する場合。
    3. 商品が商標登録された商品と互換性のある旨を事実どおり記述する場合。たとえば、出品者がKindle E-readerに対応する専用ケーブルを出品し、ケーブルが「Kindle端末対応」である旨を記載する場合、記述が事実で混乱を招かないものである限り、一般的に商標の侵害にはあたりません。 ただし、「類似」に関する記述(例:商品が「Kindleに似ている」または「Kindleより優れている」などの記述)は、Amazonの出品ポリシーに違反します。

  6. Amazonで出品する際に、商標法に違反していないことをどのように確認できますか?

    出品している商品や出品情報の内容が、商標権を侵害していないことを確実にすることは重要です。さもないと、出品権限が停止になり、潜在的な法的結果に直面する可能性があります。Amazonで商品を出品することを決める際は、以下について検討してください。

    1. 出品する商品は、信頼できる販売業者から調達しているか?
    2. どのように商品を入手したか?また、問い合わせがあった場合、正規品であると証明できるか?
    3. 商品の説明は、購入者の混乱を招くおそれがないか?
    4. ブランド名または商標は、類似性を強調する(許可されていません)のではなく、互換性を説明する(通常許可されている)ために、誤解を招かず事実に基づいた方法により使用しているか?

    以下の表は、Amazonの出品ポリシーに基づいて定義された正規ブランド商品と非正規ブランド商品の例です。

    商品名 ブランド 出品ステータス
    AmazonBasicsスピーカー (空白) 停止中。ブランドのフィールドが間違っています。ブランド項目が空白のため(「AmazonBasics」ではない)、商品名からAmazonBasicsの商品であることが推測できません。
    AmazonBasicsスピーカー AmazonBasics 出品中。ブランドのフィールドが正しく記入されており、適切な商品名が使用されています。
    USB充電ケーブル、AmazonBasicsスピーカーとの互換性あり (空白) 出品中。適切な商品名が使用されており、ブランドのフィールドが正しく記入されています。商品名は、AmazonBasicsの商品との互換性を示していますが、AmazonBasicsブランドの商品であることが推測できません。ノーブランド商品の場合、ブランドのフィールドは空白のままにできます。
    USB充電ケーブル、AmazonBasicsスピーカーとの互換性あり Wireless Speakers Inc. 出品中。ブランドのフィールドが正しく記入されており、適切な商品名が使用されています。

    ご不明な場合は、法律専門家にご相談ください。

  7. 偽造とは何ですか?

    偽造は、商標権の侵害の一形態です。偽造とは、商標権者が提供していない商品の販売に関連して、登録商標、または登録商標に酷似するマークを違法に複製することです。

    偽造の場合、商品またはパッケージで、登録商標が使用されます。

    不正に登録商標を使用することなく、異なる商品詳細ページに類似の商品が出品される場合、その商品の外見が商標登録済みの商品に似ているか全く同じに見える場合でも、偽造品ではありません。 ただし、類似の商品は、他の知的財産権(意匠権などや、他の法律(不当競争法など)に違反する場合があります

特許


  1. 特許とは何ですか?

    特許は、発明を法的に保護する手段です。特許が認められると、特許権者には、所定の年数の間、第三者による発明品の生産、使用、譲渡等、譲渡等の申出をする行為または日本への輸入を制限する権利が認められます。

  2. 特許、商標、著作権の違いは何ですか?

    特許は、商品の出所を特定するために使用される言葉やロゴ(商品のブランド名など)を保護するのではなく、発明(新しい機械など)を保護する点で、商標とは異なります。 特許は、本または画像などの創作物の表現内容を保護せず、本の新しい印刷方法や新機種のカメラといった特定の発明を保護する点で、著作権とは異なります。

    特許庁が特許に関する詳しい情報を提供しています。

  3. Amazonに出品する際、第三者の特許に違反していないことをどのように確認できますか?

    特許関連の問題については、商品の製造業者または販売業者にお問い合わせください。コンテンツまたは商品が第三者の特許を侵害しているかどうか不明な場合は、Amazonに出品する前に法律専門家にご相談ください。

意匠権


  1. 意匠権とは何ですか?

    意匠権は、工業意匠を法的に保護するためのものです。意匠権が認められると、意匠権者には、所定の年数の間、意匠権で保護された商品の第三者による生産、使用、譲渡等および譲渡等の申出をする行為、または日本への輸入を制限する権利が認められます。

  2. 意匠権、商標、著作権の違いは何ですか?

    意匠権は、商品の出所を特定するために使用される言葉やロゴ(商品のブランド名など)ではなく、商品の新しい意匠(人間工学的な新しい椅子の形状など)を保護する点で商標とは異なります。意匠権は、本または画像などの創作物の表現内容を保護せず、新しい椅子の形状といった商品の新しいデザインを保護する点で著作権とは異なります。

    特許庁が意匠権に関する詳しい情報を提供しています。

  3. Amazonに出品する際、第三者の意匠権に違反していないことをどのように確認できますか?

    意匠権関連の問題については、商品の製造業者または販売業者にお問い合わせください。コンテンツまたは商品が第三者の意匠権を侵害しているかどうか不明な場合は、Amazonに出品する前に法律専門家にご相談ください。

アカウントに警告を受けた、またはアカウントが停止された場合はどうすればよいですか?


  1. 知的財産権の侵害が報告されたため、出品情報が削除されたという警告が表示された場合はどうすればよいですか? 私が知的財産権を保有している場合はどうすればよいですか?

    権利侵害の警告が表示された場合、異議を申し立てる方法が複数あります。

    1. Amazonで一度も出品していない商品に対して警告が表示された場合、受け取った通知に返信して、報告された商品を一度も出品したことがない旨をお知らせください。Amazonで調査し、エラーが発生したかどうかを確認します。
    2. 苦情を申し立てた権利者との関係が確立されている場合(ライセンス契約、製造契約、販売代理店契約など)、権利者と連絡を取り、苦情を撤回してもらうよう依頼してください。権利者からAmazonに撤回の申し立てがあった場合、コンテンツを回復することができます。権利者の連絡先情報は、出品者が受け取った警告に記載されています。
    3. 商標に関する対応: 商標権者またはAmazonが、偽造または商標の侵害のため、商品の出品情報を誤って削除したと思われる場合、受け取った通知に返信し、誤りであると思われる具体的な理由をお知らせください。 商品の真正性を示す請求書または注文番号を提供してください。 Amazonがお知らせいただいた内容を再調査し、その後コンテンツが回復される場合があります。
    4. 特許に関する対応:特許権者またはAmazonが、特許の侵害のため商品の出品情報を誤って削除したと思われる場合、受け取った通知に返信し、誤りであると思われる具体的な理由をお知らせください。
    5. 著作権に関する対応:著作権者またはAmazonが、著作権の侵害のため商品の出品情報を誤って削除したと思われる場合、受け取った通知に返信し、誤りであると思われる具体的な理由をお知らせください。商品の真正性を示す請求書または注文番号を提供してください。Amazonがお知らせいただいた内容を再調査し、その後コンテンツが回復される場合があります。

  2. 知的財産権の侵害に関する複数の警告が表示された場合、どうすればよいですか?

    知的財産権の侵害に関する複数の警告が表示され、正規品を出品していると確信している場合、セラーセントラルのアカウントから以下の情報を記載して異議を申し立ててください。

    侵害を申し立てられているASINのリスト、および、以下より少なくとも1点:

    1. 商品の真正性を証明する請求書、または
    2. 商品の真正性を示す注文番号、または
    3. 権利者による権限付与書面(Eメールの転送は不可)

  3. アカウントが停止された場合、どうすればよいですか?

    権利者が出品者の商品またはコンテンツに対して知的財産権侵害を通知したため出品者のアカウントが停止された場合、以下の情報を記載して、Amazonに実現可能なパフォーマンス改善計画を提出してください。


    1. 侵害を申し立てられている商品を販売した理由、または侵害を申し立てられているコンテンツをアップロードした理由。
    2. 現在、権利を侵害していないことを徹底するために実施した手順。
    3. 今後、権利の侵害が発生しないよう、どのような対策を取るか。
    4. その他の関連情報。

    パフォーマンス改善計画は、アカウントダッシュボードから送信するか、届いたアカウント停止通知に返信してください。Amazonは出品者のパフォーマンス改善計画を評価し、アカウントを回復できるかどうかを判断します。Amazonでは、繰り返し権利を侵害するユーザーに対して、適切な状況下でアカウントを閉鎖する場合があります。

  4. 第三者の知的財産を侵害していることを知らなかった場合は、どうすればよいですか?

    出品者は、法令およびAmazonのポリシーに従う必要があります。Amazonでは、知的財産権侵害の申し立てを真摯に受け止めます。出品者が自覚のないまま第三者の知的財産権を侵害している場合でも、Amazonでは対処し、出品者のアカウントは警告が表示される、または利用停止されることがあります。出品者のビジネスにおいて、知的財産権の侵害を回避するための適切な手続きを確実に取ることができるよう、ぜひ法律専門家にご相談ください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


この内容は役に立ちましたか?
ご意見ありがとうございました
このヘルプページをどのように改善したらよいでしょうか? 注意: ここではケースは作成されません。コンテンツの内容についてご意見をお聞かせください。
1000
何が役立ったか具体的に教えてください。
1000
ご協力ありがとうございました。
ご意見ありがとうございました。ご不明な点がありましたら、こちらよりContact Usください。

あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates