新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

小口出品形態

小口出品は成立した取引ごとに手数料が発生する出品形態で、基本的な出品ツールと注文管理ツールを利用できます。小口出品では、カタログ内の既存ページと商品を照合することで商品を1点ずつ出品します。

購入者に提示する配送料や配送サービスレベルは、Amazonの指定する条件が適用されます。小口出品の場合、取引が成立するまで手数料が発生することはありません。

小口出品形態のメリット

商品を大量に販売するためのツールやAmazonマーケットプレイスWebサービスのAPI機能を利用する必要がなければ、大口出品者として月間登録料を支払うより、小口出品形態の方が費用対効果が高い場合があります。小口出品者は月間登録料の代わりに、商品が販売されると、商品ごとの手数料に加えて販売手数料を支払います。詳しくは、出品形態と手数料をご覧ください。小口出品者および大口出品者の手数料について詳しくは、出品手数料をご覧ください。

どの出品形態が適していますか?

小口出品では、取引が成立したときに、商品1点につき100円の基本成約料が発生するほか、販売手数料とカテゴリー成約料が別途課金されます。事業運営上、商品を大量に販売するためのツールやAmazonマーケットプレイスWebサービス(Amazon MWS)のAPI機能を利用する必要性がなく、商品数も50点未満である場合は、大口出品者として月間登録料を支払うより、小口出品形態の方が費用対効果が高い場合があります。

たとえば、1か月に45点販売すると、基本成約料は合計4,500円となり、大口出品の月間登録料4,900円より安くなります。しかし、50点販売すると、基本成約料は合計5,000円となり、大口出品の月間登録料4,900円より高くなります。したがって、この場合は大口出品の方が適していることになります。

詳しくは、大口出品と小口出品の出品形態の相違点をご覧ください。出品形態の変更手順についても、このページに記載されています。付加機能を利用する必要がある場合や、大口出品の方が費用対効果が高くなってきた場合は、小口出品から大口出品に簡単に切り替えることができます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


この内容は役に立ちましたか?
ご意見ありがとうございました
このヘルプページをどのように改善したらよいでしょうか? 注意: ここではケースは作成されません。コンテンツの内容についてご意見をお聞かせください。
1000
何が役立ったか具体的に教えてください。
1000
ご協力ありがとうございました。
ご意見ありがとうございました。ご不明な点がありましたら、こちらよりContact Usください。

あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates