適用されるマーケットプレイス: 日本

鋭利な部分を持つあらゆる製品

先端がとがっており、その先端が衝撃等で露出した場合に周辺の商品や配送業者に対して、または商品の受領時や開梱の際にカスタマーに対して危険が生じる製品。鋭利な商品は、フルフィルメント(受領、保管、納品準備、カスタマーへの配送)時に鋭利な部分が露出しないように梱包していただく必要があります。下記の条件を満たしておらず、危険性がある場合は、あらかじめ頑丈に補強をし、下記に提案されている保護梱包を適用してください。

必須条件

激しい往復運動(約30回)をした場合:
  • パッケージから内容物が落下しないこと
  • 振動によるパッケージと刃の摩擦が無いこと
  • 振動によりナイフがパッケージ(ハウジング)から外れないこと
鋭利な部分が下方に向く方向で、製品を含むパッケージを80センチの高さから落とした場合:
  • 落下によりナイフの先端がパッケージ内ハウジングから外れないこと
  • 落下により、ナイフの先端がパッケージを傷つけないこと
  • 落下により蓋などが外れないこと
  • 落下により蓋がはずれ、ナイフが外に飛び出さないこと

推奨する外パッケージ

外装箱
  • 箱の蓋が差し込み式である
  • 化粧箱がかぶせ蓋の場合、紙や、プラスチックビニールなどの帯、サック、スリーブなどがついており、簡単に蓋があかないようになっているタイプのもの
  • 化粧箱がかぶせ蓋の場合、シュリンクフィルムや袋詰めをし、中から商品が簡単に飛び出ないようになっているもの
  • 衝撃があっても、刃先で敗れないようなプラスチック製のブリスターバックにより、製品が動かない形で固定されている
注: スリーブとは、箱の大きさもしくは、それよりも小さい幅で、商品全体を包む輪状になった紙、プラスチックシールなどをいい、それをはずさないと蓋の開かない構造にするために使うもの。

内装箱(固定方法)
  • 完全被覆型パッケージ(商品の形に抜かれた硬い固定材に商品が埋め込まれ、動かない形になっているもの)  
  • ナイフロック機能によって製品が固定されているもの(製品が台紙にくくりつけられる形で配置されているもの)
保護梱包例

外装箱の補強例:
  • 差込式の蓋構造ではない場合、紐、またはスリーブで固定
  • かぶせ式の蓋の場合、紐、またはスリーブで固定
  *化粧箱に直にテープなどで口を留めることは、その商品の価値を落とす恐れがあり、また、顧客から開封したのみで、未使用で返品された場合、再販売が不可能となる。そのため、テープをしようする場合は、再剥離性のテープを使用すること。

内装箱の補強例:
  • 台紙と商品が離れないように、針金の入った紐などでとめる
  • 先端部分に紙を何重にもしっかりと巻きつける


サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates