新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

返金を実行する前に留意する事項

返金を実行する前に、以下の点を確認してください。

  • 返品リクエストを承認した後は、購入者から商品が返品されるのを待ってから返金を行うことができます。返金する場合でも商品の返品が必要ないと判断した場合は、購入者が商品を所有することができます。
  • 購入者から返品された商品が破損していた、または出荷時の商品コンディションとは異なる場合、代金の全額ではなく一部のみを返金することができます。 一部返金を行う場合、誤解やAmazonマーケットプレイス保証申請を避けるため、返金を実行する前に購入者に連絡を取り、金額の一部のみを返金することを伝えてください。

詳しくは、返品管理をご覧ください。

返品の配送料

購入者が返品するマケプレプライム対象商品の返品配送料は、表1に記載されている場合を除き、出品者の負担となります。返品配送料は、以下の返品リーズンコードに応じて、購入者への返金からのみ差し引くことができます。

表1.購入者からの返品リーズンコード

# 返品理由のコード 支払い元
1 間違えて注文した 購入者
2 もっと低価格で入手できることがわかった 購入者
3 性能または品質が十分でない 出品者
4 用途に合わない、または役に立たない 出品者
5 梱包が適切でないために破損した 出品者
6 お届け予定日を過ぎた 出品者
7 部品または付属品に欠品がある 出品者
8 輸送中に破損した 出品者
9 間違った商品が送られた 出品者
10 不良品、または正常に機能しない 出品者
11 注文した商品のほかに注文していない商品が届いた 出品者
12 不要になった、または欲しくなくなった 購入者
13 注文した覚えがない 出品者
14 ウェブサイトの説明が正確でない 出品者
15 部品が取り付けられなかった 購入者
16 取り付け費用が高かった/取り付けなかった 購入者
17 サイズが間違っている:小さすぎる/短すぎる 購入者
18 サイズが間違っている:大きすぎる/長すぎる 購入者
19 電池が切れていた/動かない 出品者
20 書類/マニュアル/保証書がない 出品者
21 品質証明書や鑑定書が入っていない 出品者
22 曇りや変色がある/許容できないコンディション 出品者

上記の理由による無料返品に加えて、以下の商品カテゴリーに該当するマケプレプライム対象商品では、購入者が選択したリーズンコードにかかわらず、出品者が返品配送料を負担する必要があります。

  • 服&ファッション小物
  • 旅行かばん&トラベル用品
  • シューズ&バッグ

返金の方法

出品者は、注文代金の返金に追加して、または注文代金の返金とは別途に購入者への任意支払を行うことができます。

返金を実行する場合は、返金理由を提供する必要があります。次の表に、選択できる返金理由とその定義を示します。

理由 説明または用途
在庫切れ 商品の在庫がない。
購入者からの返品 購入者から商品が返品されている、または返品される予定。
その他の理由 当てはまる返金理由がない。
出荷不可 購入者の住所が不正確であるなど、在庫があるにもかかわらず出荷できなかった。
間違った商品 購入者が、商品の出品情報とは異なる商品を受領し、当該商品よりも安価な商品と交換した。
購入者によるキャンセル 出荷前に購入者から連絡があり、注文のキャンセルを受けた。
商品未受領 商品を出荷したにもかかわらず、購入者が受領していない。
商品と説明の不一致 購入者が受領した商品が商品ページの説明と一致しない、または出品者による説明と一致しない。
価格設定の誤り 注文の合計額が高すぎると出品者が判断した。
指定住所に配送不可 配送不可のため荷物が返送された。
配送会社による遅配 予定どおりに出荷したにもかかわらず、配送会社による遅配があった。
出荷予定日に未出荷 出荷が遅れた。

返金の実行

返金を実行するには、以下の手順に従います。

  1. 注文管理で、返金対象の注文を探します。注文の探し方について詳しくは、注文検索をご覧ください。
  2. アクション列の返金するボタンをクリックします。または、注文番号をクリックしてから注文の詳細ページの返金するボタンをクリックします。
  3. 返金額(全額または一部)を選択します。

全額返金するには、以下の手順に従います。

  1. 全額返金タブを選択します。
  2. 該当する返金理由を選択します。
  3. 購入者へのメッセージを入力します(任意)。カスタマーサービスの視点から、入力することをおすすめします。
  4. 個人的な記録用に出品者メモを追加します(任意)。商品の返品や交換の理由、購入者と合意した内容などを記録しておくと、返金対応の内容を後で確認できます。
  5. 返金するボタンをクリックします。

一部返金するには、以下の手順に従います。

  1. 一部返金タブを選択します。
  2. 該当する返金理由を選択します。
  3. 返金額列に返金額を入力します。ギフト包装料も返金することができます。
  4. 購入者へのメッセージを入力します(任意)。カスタマーサービスの視点から、入力することをおすすめします。
  5. 個人的な記録用に出品者メモを追加します(任意)。商品の返品や交換の理由、購入者と合意した内容などを記録しておくと、返金対応の内容を後で確認できます。
  6. 一部返金するボタンをクリックします。

データが更新されるまで最長で15分かかります。返金すると、該当する購入者の返品リクエストは自動的に終了します。返品管理の終了した注文セクションから購入者に連絡することができます。購入者は、残額に対して新たに返品リクエストを開始することができますのでご留意ください。

返金を手動で実行すると、最長2時間、保留中の状態になります。これは、出品者が金額や注文を間違えて返金してしまった場合に修正する時間として設けられています。返金額を間違った場合、または返金する注文を間違った場合については、以下の間違って返金した場合をご覧ください。この機能は返金を手動で実行した場合に限り利用することができます。フィードにより返金が実行された場合は、直ちに処理が進みます。

注: 代金引換注文の場合は、注文の詳細を確認し、返金を実行する前に「これは代金引換の注文です。購入者から支払いを受け取ったことを確認しました」の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。代金引換注文について詳しくは、代金引換、コンビニ決済の注文についてをご覧ください。

注文の返金を実行後、Amazonに支払った販売手数料が出品者に返金されます。返金の実行後に、出品者に返金されるAmazon手数料について詳しくは、返金手数料をご覧ください。

間違って返金した場合

返金のステータスが保留中の間は、「この注文にあるすべての返金をキャンセルします」をクリックして返金をキャンセルできます。 このリンクが表示されていない場合は、購入者に対して返金がすでに実行されているため、返金をキャンセルすることはできません。

その場合は、購入者に連絡を取り、Amazonから購入者のクレジットカードに再請求してもよいか確認してください。 購入者が再請求に同意した場合は、購入者からAmazonカスタマーサービスに連絡して再請求を依頼するよう案内してください。

注: 購入者から直接依頼があった場合のみ、Amazonは購入者のクレジットカードに再請求できます。

購入者のカードに再請求されると、再請求額が出品者のペイメントアカウントに振込額として表示されます。

返金をキャンセルする場合、購入者には通知されません。返金は、実際に実行された場合に限り、購入者に通知されます。

ギフト券、商品券

注文の全額または一部がAmazonギフト券またはギフトクーポンで支払われた場合、通常どおり返金処理を行います。返金分のギフト券やギフトクーポンは購入者のAmazonアカウントに戻され、今後の購入に使用することができます。

注: ギフトクーポンは元の有効期限がそのまま適用されます。

Amazonポイントの返金

注文の全額または一部がAmazonポイントで支払われた場合、通常どおり返金処理を行います。返金分のAmazonポイントは購入者のAmazonアカウントに戻され、今後の購入に使用することができます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates