新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

商品情報の照合

Amazon商品カタログには、多くの出品者が出品する商品が掲載されています。同じ商品が別の出品者の別のページに何度も表示されるとAmazon商品カタログが冗長化し、顧客満足度が著しく低下します。これを防ぐために、Amazonでは商品情報の照合を使用して、重複した出品を検索して削除しています。

商品情報を照合すると、出品者の商品と既存の出品情報を照合するのに役立ちます。一致した場合は、出品者の商品情報を既存の出品情報に追加します。商品がまだカタログにない場合は、商品詳細ページを新しく作成できます。

ウェブサイトにアップロードする在庫ファイルの商品を適切に分類することで、商品情報の照合を最大限に活用できます。出品者が在庫の出品情報をアップロードすると、Amazonは照合エンジンを使用してデータを照合し、出品者の商品を適切なカタログエントリーにリンクさせます。

注: 商品データフィールドの場合は、標準商品コード(standard-product-id)フィールドまたはコード(product-id)フィールドにASINを使用しないでください。これらのフィールドでは、ISBN、UPC、EAN、JANのみ使用できます。Amazon商品カタログで商品ページを新しく作成する場合や既存のページを検索する場合は、常にISBN、UPC、EAN、JANを提供することをお勧めします。

商品情報照合の表示

Amazonの主な特徴のひとつは、同じ商品が複数の出品者によって出品されていることです。「ショッピングカートボックスの獲得」が可能な出品者は1人のみで、残りの出品者は「こちらからもご購入いただけます」に表示されます。ショッピングカートボックスの獲得は、商品の在庫状況、販売価格、その他の要因の組み合わせによって決まります。詳しくは、ショッピングカートボックスの仕組みをご覧ください。

購入者が商品を検索すると、商品詳細ページが表示され、ここにはショッピングカートボックス(チェックアウトボックス)と 「こちらからもご購入いただけます」ボックス(複数の出品者が同じ商品を出品している場合)が用意されています。

複数の出品者が同じ商品を販売している場合、購入者は出品商品の一覧を表示できます。

商品情報照合エラーのトラブルシューティング

商品情報を照合する際や新しい商品を登録する際に発生する可能性のあるエラーとその解決方法を説明します。

  • 複数の商品で同じ製品コードが使用されている

    この場合は、どの商品が出品者の商品と一致するか特定できません。テクニカルサポートにお問い合わせください。

  • 複数の商品に同じ商品データが使用されている

    メーカー名およびメーカー型番などの商品データが、商品を特定するには十分ではない場合。出品者が送信したメーカー名およびメーカー型番などの商品データが、複数の商品で同じ場合は、確実に照合できるように、より詳細な情報を入力してください。

  • 同じ商品に複数のSKUが使用されている

    一致する商品が見つかりましたが、すでに別のSKUが関連付けられています。これは、以前に別の商品に関連付けられていたSKUを出品者が再利用した場合に発生します。このエラーを解決するには、SKUを削除して商品データを再送信してください。

  • 新規登録エラー

    出品者が商品を登録したが、その商品の入力必須フィールドに未入力がある場合、エラーメッセージが生成され、その商品はAmazonカタログには登録されません。データが十分ではない商品を登録しないことにより、間違って分類されたりカタログに載ったりした商品が実際のAmazonサイトに表示されることを防いでいます。この問題を解決するには、必須入力項目にすべて入力して商品を再度登録します。

商品情報照合のポイント

  • 製品コードを入力する

    商品情報をアップロードする際は、必ず製品コード(標準商品識別コード)を使用してください。ISBN、UPC、JAN/EANが使用できます。製品コードは、商品情報照合の際に鍵となる、信頼性の高いデータです。

  • 新しい商品を作成する場合は常に製品コードを使用する

    UPC/EANの使用をお勧めします。親商品の登録の際は、絶対に製品コードを入力しないでください。親商品と子商品のバリエーションを設定する場合は、子商品の商品情報にのみ製品コードを入力します。注:ASINは使用しないでください。

  • メーカー型番を入力する

    メーカーの型番はSKUとは異なります。メーカー型番は、メーカーが使用している識別番号です。

  • メーカー名、ブランド名、出版社名を入力する

    新規登録の場合は原則として常に必要となるデータです。

  • データ内容にあったフィールドに入力する

    たとえば、高さ、幅、重量などの商品の寸法は、「高さ」、「幅」、「重量」の項目に入力し、一般的な商品説明の項目には入力しないでください。

  • SKUは再度利用しない

    商品のSKUを変更する必要がある場合は、過去に使用していたSKUを再度使用しないでください。新規のSKUを割り当てる必要があります。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


この内容は役に立ちましたか?
ご意見ありがとうございました
どこを改善したらいいでしょうか? (任意)
1000
何が役立ったか具体的に教えてください。
1000
ご協力ありがとうございました。
ご意見ありがとうございました。ご不明な点がありましたら、こちらよりContact Usください。

あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates