適用されるマーケットプレイス: 日本

納品手続きの概要

概要ページでは、納品の内容と、納品する商品やフルフィルメントセンターでの受領ステータスの追跡ができます。納品に問題がある場合、概要ページと納品プランの管理で通知されます。

納品手続きでは、以下の6つのステップでフルフィルメントセンターへの納品プランを作成できます。

  1. 数量を入力
  2. 商品の準備
  3. 商品ラベルを貼付
  4. 納品の確認
  5. 発送準備
  6. 概要

重要: ラベルの印刷後に輸送箱の数を変更する場合は、その納品に関するラベル一式をすべて印刷し直す必要があります。

概要ページには、次の3つのタブがあります。

  • 納品の追跡には、納品についての追跡情報が表示されます。
    • 個口配送では、輸送箱の番号、お問い合わせ伝票番号、そして配送状況で荷物を追跡できます。
  • 商品には、納品する商品の一覧と、フルフィルメントセンターに到着し、受領された商品の個数が表示されます。

正確な配送状況をAmazonから出品者に通知できるように、納品の追跡タブに追跡情報を入力します。

  • 個口配送では、お問い合わせ伝票番号を入力します。
  • チャーター便やパレットを使用する納品では、お問い合わせ伝票番号を入力します。

商品をクリックすると、納品する商品の一覧が表示されます。

この情報により、出品者に正確な納品のステータスと、一目で分かる納品プランの管理が利用可能になります。

配送状況の監視は、主に概要を表示ページで行います。商品と数量の確認に加え、発送している商品があればその追跡、およびAmazonフルフィルメントセンターで受領された商品の現在の状況を確認できます。納品に問題がある場合、概要を表示ページと納品プランの管理に通知されます。

フルフィルメントセンターへの到着後、納品リストの商品と受領している商品に差異がある場合、受領差異の照会で紛失商品の調査を依頼できます。詳しくは、受領差異の照会をご覧ください。

バーコードスキャナーを使用して配送会社のお問い合わせ伝票番号を入力する

バーコードスキャナーを使用して、輸送箱のラベルから配送用バーコードをスキャンすると、セラーセントラルに配送会社へのお問い合わせ伝票番号が入力されます。領収書や請求書からバーコードをスキャンすることもできます。この機能は、出品者が独自の配送会社を使用することを選択した小包配送にのみ使用できます。

注: Amazonパートナーキャリアを利用している場合は、Amazonが伝票番号を作成するため、出品者が配送会社お問い合わせ伝票番号を入力する必要はありません。お問い合わせ伝票番号の情報については、納品の追跡タブをご覧ください。

この機能を使用するには、バーコードスキャン装置がコード128のバーコード形式に対応している必要があります。

バーコードスキャナーを使用して、配送会社のお問い合わせ伝票番号を入力する手順は、以下のとおりです:


  1. 納品の追跡タブで、配送会社のお問い合わせ伝票番号テキストフィールドをクリックします。
  2. バーコードスキャン装置を、輸送箱のラベルにある配送会社のお問い合わせ伝票番号バーコードの上に配置します。
  3. バーコードスキャン装置で「スキャン」をクリックします。配送会社のお問い合わせ伝票番号は、納品の追跡タブのテキストフィールドに自動的に表示されます。
    重要: ほとんどのバーコードスキャン装置は、「タブ」や「入力」をクリックした後などに、自動的に次のテキスト入力フィールドにカーソルが移動するように設定できます。 これは、納品の追跡タブでもサポートされています。バーコードスキャン装置を設定できない場合は、納品の追跡タブで、次のテキストフィールドを手動でクリックして、スキャンを続行できます。
  4. 手順1~3を繰り返して、すべての輸送箱ラベルのスキャンを完了します。
  5. 納品の追跡タブですべて保存をクリックします。
サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン