新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

キーワードターゲティングおよび商品ターゲティング

キーワードターゲティングまたは商品ターゲティングを使用して、広告がインプレッションを獲得するためのシナリオを決定します。

利用可能な多言語キャプションは、Google Chromeブラウザで最も見やすく表示されます。

キーワードターゲティングおよび商品ターゲティングのオプションは、使用する広告キャンペーンタイプによって異なります。キーワードターゲティングは、スポンサープロダクト広告およびスポンサーブランド広告キャンペーンで利用できます。商品ターゲティングは、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、およびスポンサーディスプレイ広告キャンペーンで利用できます。

キーワードターゲティング

キーワードターゲティングでは、キーワードを選択して、検索結果や商品詳細ページに商品を表示できます。この戦略は、購入者が貴社と類似する商品を検索する際に使用する検索ワードが分かっている場合に使用できます。

たとえば、商品が携帯電話ケースの場合、キーワードとして「携帯電話ケース」を選択できます。 購入者が「携帯電話ケース」の検索ワードで商品を検索すると、広告が検索結果および商品詳細ページに表示されます。

商品ターゲティング

商品ターゲティングでは、広告商品との関連性の高い特定の商品、カテゴリー、ブランド、その他の商品の機能を選択できます。この戦略を活用して、購入者が商品詳細ページやカテゴリーを閲覧する際に商品を見つけやすくします。また、購入者がAmazonで商品を検索する際のスポンサープロダクト広告およびスポンサーブランド広告にもこの戦略を活用できます。カテゴリーと商品を個別にターゲティングすることも、同じキャンペーン内のカテゴリーとブランドを組み合わせてターゲティングすることもできます。

広告を始める際のサポートとして、Amazonは商品ターゲティングセクションの「推奨」タブで、ターゲティングに関する推奨情報を提供しています。不要なインプレッションを防ぐため、広告が一致しないブランドおよびASINの除外リストを指定できます。

たとえば、広告商品が女性用の「ブランドA」シューズである場合、該当カテゴリーに関連する検索結果および商品詳細ページのすべてにおいて、「レディースランニングシューズ」のカテゴリーをターゲットに選択できます。さらに、「ブランドA」に類似する「ブランドB」をターゲットに選択することもできます。または、類似商品のプライスポイント、レビューの星の数、バリエーションでターゲットを設定できます。

カテゴリータブ

カテゴリータブから、商品との関連性に基づいて、推奨されたカテゴリーにターゲットを設定できます。また、カテゴリー別に検索することも、検索フィールドの下に表示されたカテゴリーを参照することもできます。さらに、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告とスポンサーディスプレイ広告では、以下のようにカテゴリーの絞り込みを利用できます。

  • スポンサープロダクト広告とスポンサーディスプレイ広告では、ブランド、価格帯、レビューの星の数、プライム配送資格の有無に基づいてカテゴリーを絞り込むことができます。
注: おもちゃ&ホビーカテゴリーのスポンサープロダクト広告とスポンサーディスプレイ広告では、商品の対象年齢範囲で絞り込むことができます。書籍と電子書籍では、ジャンル別に絞り込むことができます。
  • スポンサーブランド広告では、ブランド、価格帯、レビューの星の数によってカテゴリーを絞り込むことができます。

商品タブ

商品タブから、広告の商品に類似している、推奨された個々の商品にターゲットを設定できます。検索フィールドで特定の商品を検索することもできます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates