新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項

これらの出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項(以下、本規約)は、購入者にとって安全であり、かつ、出品者にとって公正な販売プログラムを維持するために定められています。本規約の条件が遵守されない場合、出品掲載の取り消し、Amazonのツールおよびレポートの使用停止、出品権限のはく奪、永久停止などの措置を受ける場合があります。

注: 本規約は、契約その他による出品者のその他の義務に加えて課されるものであり、それらを何ら制限するものではありません。

取引または購入者を誘導する試み:

Amazonの確立された販売プロセスを逸脱し、またはAmazonの顧客やユーザーを別のウェブサイトもしくは販売プロセスに誘導することは一切禁止されています。具体的には、Amazonの顧客やユーザーに対し、Amazonのウェブサイトを避けるよう誘導または促すいかなる広告、販売メッセージ(特価提供など)または実施要請も禁止されています。禁止されている活動は以下のとおりです。

  • 購入者にAmazonの販売プロセスから逸らさせることを意図してEメールを使用すること。
  • 購入者にAmazonの販売プロセスから逸らさせることを意図してハイパーリンク、URLまたはウェブアドレスをEメールのメッセージまたは商品/掲載の詳細に記載に含めること。

商号の不正使用:

出品者の商号(Amazon.co.jp上における出品者の事業体を特定するもの)は、出品者を正確に特定できるものであり、誤解を招くおそれがなく、かつ、出品者が使用権を有するものでなければなりません。つまり、名称には、第三者の商標(「AMAZON」、「AMAZON.CO.JP」、「アマゾン」等の商標を含みますが、これらに限りません)を含んではならず、その他第三者の商標権その他の知的財産権を侵害、またはその他の方法でかかる侵害をしてはなりません。なお、出品者の商号の一部に「アマゾン店」、「@Amazon」、「@アマゾン」等の文言を使用することはできません。さらに、出品者は、.co.jp、.com、.net、.biz等のEメールサフィックスを含む商号を使用することはできません

Eメールによる不適切な連絡:

出品者による取引相手とのEメールおよび電話による連絡はすべて、丁重、適切かつ妥当なものでなければなりません。Amazon.co.jpの購入者に対する未承諾のEメールおよび電話による連絡、カスタマーサービスのために必要なもの以外のEメールおよび電話による連絡、およびあらゆるマーケティングの連絡(Amazonが認める種類の連絡内容を含む)は、禁止されています

購入者の電話番号の適切な取り扱い:

Amazonでは、大口出品者が注文商品を出品者出荷でおこなう場合、配送業者の配送ラベルに記入する目的で購入者の電話番号を参照できます。 電話番号をはじめとする購入者情報を入手した出品者は、Amazonの購入者の個人情報に関する規約に従って、これらを取り扱う必要があります。規約の詳細については、出品規約をご覧ください。

当該規約を確認の上、以下のガイダンスに従って、購入者の電話番号を適切に取り扱ってください。

  • 購入者の電話番号の適切な取り扱い
    • 配送業者の配送ラベルの指定された箇所に記載します。
    • 注文商品の出荷手続きが完了した購入者の電話番号のデータは、すべて削除します。
    • 社内で購入者の電話番号にアクセスできる人を把握し、電話番号のデータは出品者の責任において管理してください。

一般に使用できるEメールアドレス:

出品者と購入者は、双方に対しAmazon が割り当てたEメールアドレスを用い、マーケットプレイス・メッセージ管理を通じて連絡を取り合います。Amazonサイト上やマーケットプレイス・メッセージ管理でのやり取りの中で、Amazon が割り当てたEメールアドレス以外のアドレスを提示したり、要求したりすることは禁止されています

複数の出品アカウントの運用:

2つ目のアカウントを開設するビジネス上の正当な理由があり、すべてのアカウントが問題なく運用されている場合を除き、出品する地域ごとに維持できるセラーセントラルアカウントは1つのみです。いずれかのアカウント運用に問題がある場合は、すべてのアカウントの問題が処理されるまで、すべての出品用アカウントが停止されることがあります。

ビジネス上の正当な理由の例を以下に示します。

  • 複数のブランドを所有し、それぞれ独立したビジネスを行っている
  • 2つの異なる法人で、商品を製造している
  • 別のアカウントを必要とするAmazonプログラムに採用されている

代理人またはブランド保護機関として権利の侵害を報告する

Amazonは、多くのブランドがブランド保護機関または代理人を代理に立て、知的財産権の侵害を報告する場合があることを理解しています。また、認可された代理人の申請を受け付けています。 ただし、Amazonでは、権利の侵害を報告することで、自身の出品用アカウントに利益がもたらされる可能性がある(競合他社の掲載ページが削除されるなど)場合、出品中のアカウントを持つ個人が、ブランドの代理人として権利の侵害を報告することを許可していません。個人が自身のアカウントに利益をもたらす目的で、代理人として権利の侵害を報告した場合、出品用アカウントが解約される可能性があります。

出品者の評価、フィードバックおよびカスタマーレビューの不正使用:

評価、フィードバック、カスタマーレビューを操作することは禁止されています

  • 評価とフィードバック: 評価とフィードバックは、購入者が出品者の全体的なパフォーマンスを評価し、出品者がAmazonマーケットプレイス内で高い信用を築いていくのに役立ちます。出品者は、不正または不適切なフィードバックを掲載してはいけません。購入者に対しフィードバックを掲載するよう強制または脅迫すること、また、出品者が自身の取り引きに関するフィードバックを掲載すること、さらにフィードバックを掲載した購買者の個人情報を掲載することは禁じられています。また、出品者についての評価を操作することは一切禁止されています。購入者にフィードバックを依頼することは認められていますが、フィードバックの提供や削除の依頼にお金を支払ったり、インセンティブを付与したりすることはできません。加えて、出品商品について、一般の購入者になりすまして投稿を行ったり、営利目的のカスタマーレビューを投稿することも一切禁止されています
  • カスタマーレビュー: 商品や取引の詳細や満足度についてフィードバックする役割を果たすカスタマーレビューは、Amazonマーケットプレイスにとって重要な機能です。出品者、または競合他社が出品している商品をレビューするなど、金銭的利害関係を持つ商品について出品者がカスタマーレビューを書くことは禁止されています。また、AmazonがEarly ReviewerプログラムなどのAmazonのプログラムを通じてレビューを依頼する場合や、カスタマーQ&Aからの回答をする場合を除き、レビューに対して報酬を提供(商品の無料または割引価格での提供を含む)することはできません。肯定的なカスタマーレビューだけを書くよう求めたり、報酬を提案したりするようなカスタマーレビューの依頼は禁止されています。購入者にレビューを変更または削除するよう依頼することは禁止されています。

売上ランキングの不正使用:

購入者は売上ランキングから商品の人気を判断します。売上ランキングを意図的に操作することは禁止されています。自分の出品商品を注文することを含め、虚偽または不正な注文を依頼すること、および、そのことを知っていながら受注することは禁止されています。売上ランキングを上げる目的で、商品の購入に対して購入者に報酬を渡すこと、および、プロモーションコードを渡すことは禁止されています。また、商品詳細ページの情報(商品名や説明など)に、商品の売上ランキングに関する主張を記載することも禁止されています。

取引後の価格操作および法外な送料:

取引完了後に商品の販売価格を上げることは一切禁止されています。また、出品者は、法外な受注手数料および送料を設定することはできません

出品者が購入者を欺くために手数料や送料を意図的に操作している場合や、Amazonが購入者から苦情を受けた、あるいは苦情を受けるおそれがあるとAmazonが判断した場合は、Amazonは出品資格の停止、その他Amazonが適切と考える措置を講じることがあります。ご注意ください。

商品情報の正確な記載:

既存の商品詳細ページを使用して商品情報を掲載する場合、商品は、メーカー、版、バージョン、版型、フォーマットまたはプレイヤーの互換性といった商品特性に関するもの等あらゆる面で商品を正確に記載する商品詳細ページに掲載しなければなりません。ISBN、JANコードなどで、同一商品である事をご確認ください。

「参考価格」の正確な記載:

別段の記載が無い限り、当サイトにおける「参考価格」欄に表示される価格は、メーカー、卸売業者等が広く消費者に告知している価格で、商品パッケージやカタログ等に表記されているものでなければなりません。(一般に「メーカー希望小売価格」と呼ばれています。)または広く小売業者に告知している価格(一般に「参考小売価格」等と呼ばれるもの)であり、かつ、最新の価格でなければなりません。ごく少数の小売業者に特別に提示されている価格、過去または将来の販売価格、本商品と同一と認められない商品の価格を「参考価格」として提示することはできません。詳しくは、Merchants@amazon.co.jp商品登録ルールの「参考価格の設定について」をご覧ください。

適切な「セール価格」の記載:

セール価格を設定することにより値引きを訴求する場合には、当サイトの関連する規約・ガイドラインを遵守する必要があります。詳しくは、Merchants@amazon.co.jp商品登録ルールの「セール価格の設定について」をご覧ください。

適切な商品説明や広告の記載:

商品の説明や広告に関する表現は、適用される全ての法令やガイドライン等を遵守した適正なものでなければなりません。以下に列挙するURLは、関連する主要な法令の説明が記載されている官公庁等のサイトの例です。出品者は、適用される法令やガイドライン等を自ら確認しその遵守を確保する責任があります

ノーブランド品に対し、不適切に商標を付して商品画像に掲載する行為、および、ブランドとの不適切な関連付けの言葉を商品詳細ページに含める行為:

出品者が保有している商標を、恒久的でない方法(例:シール、ラベル、タグ等を貼付する等)でノーブランド品に付して商品画像を掲載することは原則禁止されています。また、ノーブランド品(シールの貼付等恒久的でない方法で商標が付されたものも含む)の商品詳細ページにおいて、出品者が保有している商標に言及すること(商品名に商標を付すことを含む)は禁止されております。Amazonは、本規約に抵触する商品、商品ページ、または商品画像を削除もしくは修正する権利を留保します。

景品類の提供に関する法令遵守:

景品類を提供する場合、不当景品類および不当表示法(景品表示法)等による景品類の価額等の制限を遵守するものでなければなりません。たとえば、プロモーションの無料商品設定のようないわゆる総付景品を提供する場合、景品の最高額は、取引価額が1,000円以上の場合はその取引価額の十分の二以下、取引価額が1,000円未満の場合には200円以下であることが必要です。出品者は景品表示法および関連する告示等の適用法令やガイドライン等を自ら確認し、その遵守を確保する責任があります

特定商取引法およびその他の法令に基づく表示:

インターネットを通じて商品等を販売する販売業者は、法令に基づき、販売業者、販売する商品、取引条件、及び関連する許認可、登録、届け出等について、特定の事項を表示することが義務付けられています。Amazonでは、購入者が安心して商品を購入できるよう、出品者には適用ある法令を遵守し、上記の情報を含む必要な情報をすべて表示していただくようお願いしています。詳しくは、特定商取引法およびその他の法令等に基づく表記についての規約をご参照ください。

出品者による海外配送について:

海外配送を有効にし、海外へ商品を発送する場合は税関の手続きが必要になります。出品者による海外配送の場合は、税関の手続きは出品者にておこないます。法律や通関で輸出が禁止されている商品や、輸出先国での輸入規制についてあらかじめ確認してください。また、設定タブの情報・ポリシーに、海外配送に関する情報を英語と日本語で記載してください。詳しくはこちらをご覧ください:

新たな商品の詳細ページの作成:

すでにAmazon.co.jpのカタログにある商品について新たに商品詳細ページを作成することは禁止されており、出品者のアカウントが解約されることがあります

「商品登録」機能:

商品登録機能により、出品者はAmazon.co.jpのカタログ(または商品詳細ページ)においては入手できない商品について、商品詳細ページを作成することができます。Amazon.co.jpの商品登録機能を使用する出品者には、Merchants@amazon.co.jp商品登録ルールが適用されます。

Amazonマーケットプレイス保証申請の不正使用:

Amazonマーケットプレイス保証申請の不正使用は一切禁止されています。多大な件数または金額のAmazonマーケットプレイス保証申請を受けている出品者に対しては、出品用アカウントの一時停止または閉鎖などの措置をとる場合があります。当該件数または金額が多大であるか否かはAmazonがその裁量により判断することができます。購入者は、商品に満足していない場合、出品者に連絡して、返金、返品または交換することができます。Amazon.co.jpは、Amazonマーケットプレイス保証申請の条件に基づき購入者に対して払い戻しが行われる場合、出品者に対して求償する権利を留保しています

Amazon.co.jpの不当な使用:

Amazon.co.jpでは、すべての出品者がAmazon.co.jpの出品サービスにアクセスすることができます。一部の出品者が、大量のデータを連続的にアップロードしたり、出品サービスを不適切に使用した場合、システムに過度の負担がかかり、他の出品者が出品サービスにアクセスし快適に使用することができなくなるという問題が発生します。Amazon.co.jpの出品サービスを誤って使用している出品者や、不適切に使用している出品者に対し、Amazon.co.jpは独自の判断基準に基づき、出品者が使用方法を改めるまで、出品用データフィードやその他の不適切に使用されているツールへのアクセスを制限または停止する場合があります。

検索およびブラウズの不正使用:

購入者は、Amazonの検索エンジンおよびブラウズストラクチャーを使用する際、適切で正確な結果が得られることを期待しています。検索やブラウズの結果を意図的に操作する行為は禁止されています。禁止されている行為には以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • 購入者のトラフィックを人為的にシミュレーションする(インターネットボットを使用したオーガニック検索結果のクリック回数の支払いなど)。
  • 誤解を招くような、または無関係なカタログ情報を提供する(商品名、商品仕様、商品説明、バリエーション、キーワードなど)。
  • 自社商品であっても、商品の製品コード(ブランド名、商品名、ASINなど)を非表示のキーワード項目に追加する。

詳細とガイドラインについては、検索およびブラウズに関する出品情報の最適化をご覧ください。

本、ミュージック、ビデオ・DVD商品の販売:

Amazon.co.jp上にて本、ミュージック、ビデオ・DVD商品を出品する場合には、日本における販売権・頒布権を有している商品以外は出品することはできません。事前に所定の手続きを通して承認を得た場合を除き、商品名に「Amazon.co.jp限定」が含まれている商品を予約期間中に出品することはできません。

Amazon.co.jp限定メディア商品:

商品名に「Amazon.co.jp限定」が含まれており、かつAmazon.co.jpが出品販売するメディア商品(CD・レコード、ビデオ・DVD・Blue-Ray、TVゲーム・PCソフト)は予約期間中および新品として出品を行えません。

広告:

広告、宣伝のために商業用あるいは個人用ウェブサイトへの「入口」とすることを全面的にまたは主として意図した商品の掲載や、当サイト以外の場での取引に関する連絡情報を提供する目的での商品の掲載は禁止されています。商品販売を目的とする他のウェブサイト(特にAmazon.co.jp以外の注文ツールや情報を持つサイト)へリンクを貼ることは禁止されています。

禁止商品の掲載:

出品者は、事前の承認なく禁止商品を掲載してはなりません。Amazon.co.jpの出品禁止商品リストをご覧ください。

返送機能の不正利用:

FBA商品の返送依頼は、あくまで出品者の元へ商品を返送するためのものです。それ以外の目的に使用することは禁止されています。返送先の住所として、出品者の住所としては明らかに不自然な住所が指定された場合には、返品の取り扱いを保留する場合があります。

個人情報の安全管理措置:

Amazon.co.jpを通じて出品者が取得した購入者の情報(以下「個人データ」)は、Amazon.co.jpとの間の契約、Amazon Serviceプライバシー規約および個人情報保護法に従い管理しなければなりません。個人情報の漏えい、減失または毀損が生じた場合、またはその可能性が生じた場合は、Amazonに対して速やかにその旨を通知し、安全管理のための適切な措置を講じなければなりません。

参考資料:

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates