新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

出品商品情報の改善の成功事例の紹介

日本の出品者の成功事例をご覧になる場合は、こちらをクリックしてください。

家業として40年もの歴史を持つ自転車販売店を営んできたドイツの起業家アレキサンダー・ドゥルツ氏が、オンラインビジネスの着想を得るまでには、そう長くはかかりませんでした。ドゥルツ氏は1999年、ミュンヘンから約60km郊外の故郷ノイゼスに、兄弟と共同で自転車アクセサリ専門の会社ファビアルを設立しました。

「当初ファビアルは、古い自転車の部品だけを扱うオンラインオークションでしたが、数年後にはタイヤ、サドル、ヘルメット、シューズなど何でも扱うビジネスに発展しました」と、ファビアルのCEOを務めるドゥルツ氏は言います。「5年ほど前に、AmazonのスタッフからAmazonで商品を売るつもりはないかと電話で打診を受けました」

5年後の今、ファビアルは自社サイトでもAmazonでも順調に成長を続けています。ドゥルツ氏は近年の成長戦略である出品商品情報の改善についても語ってくれます。数千人もの他の出品者同様、ドゥルツ氏も出品情報の品質を重視しており、エラーを最小限に抑え、出品情報の品質に不備があった場合は修正するようにしています。

始めるのは簡単です。いつでも出品用アカウントにアクセスして、出品情報の不足を確認し、修正することができます。




ファビアルの出品情報にはブランドや画像など重要な情報の不足がありましたが、Amazonの担当者からサポートを受けて修正することができました。具体的には、売れ行きが悪く、情報も不足している商品を特定しました。情報を追加して数日後には、商品の売れ行きが目に見えて向上しました。

「必要な情報をすべて掲載したところ、Amazonでの売れ行きが大幅に伸びています。店舗での売り上げが落ちる時期であっても、Amazonで季節商品を販売するので、好調な売り上げを維持できます」とドゥルツ氏は言います。「出品情報をさらに改善する可能性は常にあるので、努力を怠ってはなりません」

ファビアルでは、ASIN分類の重要性と最適なブラウズノードを選択する方法についても手ほどきを受けました。購入者の目に留まるには欠かせないツールです。

「調査によると、出品情報が正しいブラウズノードに設定されることが最も効果的です」。Amazonのプロダクトマネージャー、アンディ・ブルースは言います。「たとえば、通常、自転車の空気入れをバイク&スクーターのノードではなく、適正なブラウズノードに設定することで、売り上げが向上します」

ファビアルの場合、出品情報の多くが最適ではない場所に分類されていました。この点が判明したため、ドゥルツ氏のチームでは商品分類を改善し、商品が表示される機会を増やす方法を検討しました。その結果、AmazonマーケットプレイスWebサービス(Amazon MWS)の利用を決定しました。このサービスでは、処理レポートを定期的に確認してフィードエラーや警告を見つけ、修正することができます。ファビアルでは、Amazon MWSを利用することで、コストと時間が削減されたことが実証されています。

「こうしたステップのおかげで、購入者へのサービスの質をさまざまな面で改善できました。返品数が減るなど、会社にとっても大きな利点があります」とドゥルツ氏は言います。

現在ファビアルでは、Amazonのカタログに出品する前に出品情報のエラーや品質の不備を最小限にする努力を続けています。出品情報に不備がある場合に、すぐに特定して修正することもできます。

ドゥルツ氏は言います。「今では新しい顧客も開拓し、年間を通して販売する商品の幅も広がりました。私たちの究極の目標は、商品を販売してお客様に満足してもらうことです。その目標は、Amazonによって実現できます」

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates