ご購入者様がご近所の場合の配送


#23

これいまのamazonマケプレだと悪用する人が出てきて、そのうち自社発送自体が制限されそうですね。

自身の人件費は0円だと思って、送料分を利益にしてしまおうと考えるセラーも出てくるだろう。
「SUPER FRIDAY」で吉野家の牛丼無料に2時間並ぶのと同じようなコスト感覚。

購入者に不審がられたり、受取の書面をもらわなかったら、購入者にクレームされてダブルパンチじゃないかな。


#25

AmazonにOK/NGという2拓の選択を求めるのはどうでしょう・・・。

購入者の立場で考えれば、いきなり出品者が自宅に「お届けに来ました」と来るのは気味が悪いと思う人が大半でしょう。

現時点で自社配送OK/NGの2拓をAmazonに求めると、TSは規約に従順なので、禁止事項と記されていない以上、OKと答えるかもしれません。(現にA-Zさんの質問の通り)

出品者は善人ばかりではないので、そのようなケースを大手を振って許すと、配送先によっては興味本位で自社配送をしたり、最悪の場合犯罪に発展する可能性さえあります。

このスレを読むと、「トラブルが予見されるので自社配送は望ましくない」
と大抵の方が判断すると思います。

現在、規約や出品大学では、自社配送のケースを想定して記しておらず、
追跡番号の必須化によりほとんどの人は外部業者による配送を前提にすると思います。

このスレでは、owoさんのケースは例外として、ほとんどの人が自社配送のトラブルリスクを助言しています。つまり「やめとけ」と言っています。それでいいのではないでしょうか。


#26

まったく同感。

そこまで細かく規定しなきゃいけないのか?

じゃあ自社発送の定義は「正規雇用契約をしているスタッフだけ」なのかとか、こういうのを細かく規定しだすと結果として規制強化になりかねない。

owoさんのケースだってamazonが現地まで確認に行けるわけないので、全面禁止とか、リアル店舗とセラーの屋号は一致させろとか面倒な話も出てくるでしょう。
プラットフォーム提供側からすると「全面禁止」の方が楽だと思います。

いまでも場所によってはヤマトの荷物を日本郵便が届けていますが、そういうのも「じゃあ別の宅配便会社に再委託は良いのか?」とか、amazonが明確に規定できない話もあるでしょ。


#27

なるほど 了解です。ももんがさんに指摘されたように、自由だし Amazonに求めるものでは、ないのかもですね。

削除しておきますね:sweat_smile:


#28

配送料貰っている場合及び配送込みの販売した場合、自社配送するには運送事業許可取らないと違法なのではないでしょうか。
Amazonの販売プロセス的に、送料無料でも配送料を含んだ販売形式に統一されているので配送料を貰ってないは通用しないだろうし。
法令では配送料を貰っていない場合のみ運送業に当たらないとなっています。
Amazonの規約は日本の法令を遵守することが規約にあるので、運送事業許可取っていない自社便は規約違反、近所だろうが自分で届けるのは一律NGでは。


#29

それって「他人から運賃をもらって事業用トラックを使い、貨物を運ぶための許可」の他人というのに購入者を含めていませんか?
その場合、送料込みの売価なら配送料もらってないのでOKとかいう解釈していますか?

自社商品を自社スタッフがお届けするのに運送業許可が必要なら、蕎麦の出前も出前料金をとるのであれば運送業許可が必要になりますよ。
ピザ屋はピザを4tトラックで配達するとしても、運送業の許可はいらないと思いますよ。


#30

送料込みの販売価格の場合は配送料を貰ってると判断されます。
蕎麦屋の店舗で販売しているものを配送料とらずに店舗と同じ金額で出前している場合にはあくまでも店のサービスなので運送事業許可はいりませんが、電話で注文する出前が基本のピザ屋は、貨物自動車運送事業法の届け出必要ですよ。


#31

イートインが無いと運送業が必要なの?と思って再確認したが。
一般貨物自動車運送事業許可は自社の商品の場合いらないと思うが、
4tならば必要なのかな?

国交省の自動車局貨物課でコンビニ宅配の資料をみていますが、
貨物自動車運送事業に該当しない類型として宅配ピザは必要ないと書いてありますね。

規制のかからない事業類型は排気量が軽自動車等(125ccを超え、660cc以下の車両)未満の車両等を使用して運送することなので、やはり4tはダメかな。
UberEatsは自社配送ではなく配達員が他人の荷物を運ぶが、その場合は自転車あるいは125cc以下なら無届けでよいようで。

クリーニングとか「運送の対価」としての有償性が認められない場合も必要ないようです。


#32

失礼しました、宅配ピザの場合は必要ないようです。
ただし、プラットフォーム経由の場合は運送業の届出が居るようです。


#33

amazonでは送料込価格ではなく
送料無料表示だったかと思います
(設定表示上も)

何個買っても送料は元々無料なので
送料差額の返金も自由です

法律には詳しくありませんが
送料込みと送料無料の言葉上の違いだそうです

送料込みは商品代に含まれれる(複数購入送料差額は返金方向)
送料無料は送料自体が¥0(複数購入送料差額は元々¥0なので返金しなくても良い)
両方規約上は、明確にはなっておりませんが
私的にはそのように思っております

言葉上のあやを付けているわけでもありませんし
自社配達がOKかNGをレスしているわけではありません

送料返金含め、込みと無料の違いのコメをさせていただきました
送料無料でも運送許可に該当するのであれば、ご教示ください


#34

ここら辺怖いですよね。

ヤフオク併用してた頃は一万円以上になるように買うので
送料無料にしてくれないかと交渉される方がいて、
市内で自転車でニ十分ぐらいだったこともありOKにしましたが、
Amazonでもお客様からのお申し出がない限りはちょっと手を出しにくいです。

うちの場合だと宿題のために今日中に欲しいというような需要はありそうw


#35

私は今朝ある物をオーダーしたのですが、実店舗は住所と同じ市内です。
買いに行けばよいのはわかりますが、出かけるのが面倒だった事
行ったら行ったでお目当て物以上に買ってしまいそうな危険
という訳で通販を利用しました。

メール便扱いのサイズですけど、県内の配送170円ですよ。(ストア設定)
ガソリン代、その他のコスト考えたら非常にありがたいお値段です。

自分が店の立場だったらやっぱり指定の配送さんにお願いします。
170円をケチるためにわざわざ配達するなんて時間的コストがもったいないと思ってしまいました。
これが大型品だったらまた違うのでしょうけど。

商品内容とお客様次第ですね。